騒音計

騒音計とは、音のレベルや特性を測定するための機器のことです。簡易型の、可聴領域におけるレベルを表示するだけの単純なものから、周波数特性を考慮した値で表示する高度なものまで様々です。計量法における区分では精密騒音計(クラス1)と普通騒音計(クラス2)に分けられています。

データシート

普通騒音計【TYPE 6236】精密騒音計【TYPE 6238】アコー社製

騒音測定の現場で求められる、リアルタイムで正確な測定と分析を実現。TYPE 6236/ 6238は世界初の0-dB補正機能は超騒音レベルから高騒音レベルまで、幅広いレンジの測定が可能。次世代を標榜する高機能・高信頼性の騒音計です。
計測器・測定器紹介

精密騒音計が普通騒音計と違う点や具体的な使用例について解説

精密騒音計は普通騒音計よりもただ精度が高いというものではありません。音の性質やその他特徴を捉えることができ、使用場面も異なります。一般的な騒音計のようにハンディタイプのものもあれば大型の固定式のものまで様々あります。
計測器・測定器紹介

普通騒音計の原理や構造は?人気の製品についても紹介

普通騒音計は音の大きさを測定する機器で、これと似たものに精密騒音計があります。普通騒音計では誤差の許容値や温度特性、周波数特性などが精密騒音計よりも基準が緩やかに設計されています。主に環境を調べる際に使用され、価格には数万円から十数万円ほどの幅があります。
タイトルとURLをコピーしました