圧力計

圧力計とは、気体や液体の圧力を測定する機器のことです。封入した空気や水等が正しい状態で保持されているか、漏れていないかといった検査によく使用されます。空気の抜け具合を調べる場合には真空計、大気圧を測るには気圧計が用いられるなど、用途に応じてさらに細分化されます。2点の圧力差を測る差圧計などもあります。

計測器・測定器紹介

圧力試験法案の策定と方法 その1

圧力計を使用する場面というのは、少なからず何かしらの圧力が生じている状況です。きちんとした管理の下、適切な試験を行うことは正確なデータを得ることにつながるだけでなく、安全管理の面からも非常に重要です。実際に圧力計を使用する場面の一つである「圧力試験」の際の注意点や圧力試験の方法を規定する際の基準などについてご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

圧力計の選定とその根拠

いくら高性能な計測機器をもってしてもその使い方や、基本原理を理解していなければ正確な数値の把握はできないと言っても過言ではありません。 間違った使い方は数値的な正確性に賭けるだけでなく、場合によっては生命の危機に直結するような大事故にもつながりかねません。計測機器や観察機器の正しい使用の方法や、それらの器機を使用して得ることのできる情報の読解などについて詳しくご紹介していきたいと思います。
計測器・測定器紹介

真空計ってどんな計器?そもそも真空ってどんな状態?

あまり聞きなれない計器「真空計」は現代の生活において欠かせない、様々なな製品の製造段階で必要となる「真空」の状態を把握する計器です。真空計の構造はもちろん「真空ってなに」といった疑問にもお答えしてきながら、真空計を様々な角度からご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

二つの圧力の差を計測できる圧力計、差圧計とはどのようなものなのか?

二つの空間に違った圧力の気体が充満しているとします。その両方の空間には圧力に違いがあること以外分かっていません。そんな状況で両方の空間の圧力の差を計測できる計器が、差圧計です。普段はあまり目にする機会はありませんが、私たちの生活を陰で支えてくれる大切な計器です。
計測器・測定器紹介

加圧と負圧の両方を一気に確認できる優れもの!連成計とはどんな計器なのか?

工業プラントなどでは機械が動いている間は加圧、機械が止まった瞬間に負圧になるといった配管が多数存在します。そうした配管の内部の圧力を把握する際に使用するのが、「連成計」です。加圧と負圧の両方を計測できる連成計は工業ブラントや圧力機械では欠かすことのできない計器です。連成計の仕組みや構造についてご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

一般的な圧力計の種類や主要メーカーについて

圧力計には測定原理や形状、性能などに応じて多くの種類があります。多くのメーカーも取扱っており手軽に入手できる測定器とも言えます。具体的にどのような分類がされ、どこに着目して選ぶ必要があるのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました