光学顕微鏡

光学顕微鏡とは、可視光を利用して微小な物体を視覚的に拡大して見えるようにする機器です。顕微鏡の種類の中でも比較的スタンダードタイプであるため単に「顕微鏡」と呼ぶとき光学顕微鏡を指すことが多いです。可視光の反射から観察するため色彩情報を正確に読み取りやすい一方で電子顕微鏡やX線顕微鏡に比べると分解能が劣ります。

計測器・測定器紹介

光学顕微鏡について

光学顕微鏡とは、可視光及び近傍の波長領域の光を利用した顕微鏡です。医学・生物学分野では各種細胞や血液などの観察・検査に使われたり、工業分野では各種材料の分析や検査に使われるなど、非常に幅広い分野で微小試料の観察に使われています。
タイトルとURLをコピーしました