圧電式振動計の特徴は?価格相場についても紹介

圧電式振動計

振動計を使ったことはありますか?
あまり日常的に使うものではないため業務上使用している人でなければ触れる機会もないかもしれません。
実は振動計にも色んな種類があり、その中で主流とされているもののひとつがここで紹介する「圧電式」の振動計です。

圧電動式にはどのような特徴があるのか、そしてどれほどの価格なのか相場についても紹介していきます。

パソコン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】 スマートフォン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】

振動計の役割

振動計は、揺れの具合を計測する測定器の総称です。
揺れを調べるという意味では地震計と共通していますが、一般に振動計と呼ばれる場合には地震計と区別し、機械や設備等の揺れを測定するものを指します。

振動を測定する理由はいくつか考えられます。
ひとつは安全管理のためです。振動の強さや継続時間にもよりますが、揺れが生じることで機械や設備が破壊されてしまうことがあります。そのため、ある設備から生じる振動を計測して、その影響を受ける周囲の物体が振動に耐えられるのかどうか評価していく必要があります。安全に作業を行うために振動計を使用するのです。

もうひとつの振動を測定する理由は、製品の品質向上のためです。
振動の程度が安全面で問題ないとしても、人が作業をする上で不快に感じることはあります。
例えば洗濯機が危険なほど揺れていなかったとしても、快適に生活するためにはできるだけ揺れの少ないものが良いと考えられるでしょう。振動によって騒音を発することもあります。そこで揺れを生じる製品について、開発や製造段階でその振動を測定、揺れの程度が一定基準を満たすように調整をする、ということも行われています。

さらに、メンテナンスを理由に振動計を使用することもあります。
振動を測定することで劣化箇所を特定することにも役立てられます。

圧電式振動計の特徴

圧電式振動計では圧電素子が用いられています。圧電素子は、加えられた力に対応して電圧を生じさせる、もしくはその逆で電圧を力に変換することのできる素子です。
振動計以外でも様々な分野で使用され、マイクロフォンやスピーカーなどで応用されています。

圧電素子で振動を感知するには物体のもつ慣性が利用されています。
例えば圧電素子の上に重りを乗せて固定したものを振動する物体に接触させたとします。測定対象の物体が測定器方向へ振動すると重りの慣性により圧電素子には圧縮する力が働きます。逆に測定器から離れる方向へ振動し始めると圧縮する力が弱められます。こうした力の変化は振動の強さによって変化し、圧電素子はその情報を電圧として伝えることができます。

圧電式振動計と聞くと特殊な振動計のように思うかもしれませんが、振動計としては一般的なもので、多く使用されているタイプになります。

価格の安さや小型化・軽量化が可能であることなどからも人気の種類です。低周波の測定についてはあまり得意とされていないものの、比較的広範囲の周波数に適用しているという特徴があります。

圧電式振動計の相場

圧電式の振動計といっても、圧電式でしか振動を測定できない製品ばかりではなく、他の測定方法でも測定可能な製品というのも多くあります。
これは振動を検出する部分と、検出された振動の情報を解析して画面に表示させる部分などに分けられるタイプが多くあるからです。
さらに、ハンディタイプの振動計や据え置き型の振動計など様々あります。
そのため、一口に相場というものを表すことが難しいですが、いずれも数十万円は費用がかかります。

当然、形状などで相場が判断されるものではなく、機能性なども重視されます。

例えば「リオン」の「VA-12」という圧電式振動計があります。これは小さくて持ち運びも容易にできますが、検出した振動を解析できるモードが豊富で機能面でも優れています。その分高価で、価格は50万円と設定されています。

一方で、多様な機能を求めない場合には10万円程度から圧電式振動計を購入することも可能です。

以下で「リオン」「昭和測器」「IMV」といった代表的なメーカーの振動計を見ていきます。いずれも高価格帯のものではなく、手に収まる程度の使いやすいタイプとなっております。

・IMV「スマートバイブロVM-4424S」

VM-4424S

こちらの製品は、定価9万8千円と低価格ながら高機能で液晶もタッチパネルになっているなどの特徴を持っています。

ハイエンドタイプとしてより多くの機能を備えたタイプ「VM-4424H」も用意されておりますが、その場合には18万5千円と価格も上がります。

・昭和測器「Model-1332Bデジバイブロ」

1332B

こちらの製品も価格は9万8千円となっております。
シンプルでスピーディーな計測が可能です。

拡張オプションも豊富で、用途に応じて機能を増やしていくこともできるでしょう。

・リオン「ポケッタブル振動計VM-63C」

VM-63C

こちらの製品は、価格11万8千円で検出部が本体に固定されたタイプになります。

ハンディタイプであることに違いはありませんが、環境さえ合えば上の2つよりもさらにスムーズな測定が可能になるでしょう。
測定時にはボタン1つの操作のみで行うことができ、片手で扱うことができるという特徴があります。

 

ここで紹介したように、同じ圧電式振動計で、そして同じハンディタイプで見比べても様々な製品があるということが分かります。

測定対象や、どのような情報を得たいのかといったことを考慮しながら最適な振動計を選ぶと良いでしょう。

中古計測器、測定器を売買したい会社様へ

当サイトはAnyble(エニブル)株式会社が運営しております。 法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム【Ekuipp(エクイップ)】を提供しております。 興味がある会社様ははこちら↓。登録料は無料です。

パソコン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】 スマートフォン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】

ライター紹介
ライタープロフィール
YuKi

元メーカー勤務の開発員、現フリーランス。Web系エンジニアや気象予報士、ライターなどとして幅広く活動。

計測器・測定器紹介
Ekuipp(エクイップ) Magazine