【工作機械】バンドソーとは? 種類や加工の種類を知っておこう!

バンドソーとはどんな機械なのか、ご存じでしょうか。
今回の記事では、バンドソーの基本的な定義からその種類まで、概要をまとめていきます。

バンドソーとはどんな機械?

簡単に言えば、刃を高速で回転させて金属を切断する電動工具です。鋸刃はのこぎりの刃を円形状(帯状)にしたもの。
バンドソーには別の呼び方もあり、帯鋸盤と呼ばれたり、コンターマシンとも呼ばれることもあります。高い切断力を持つ工具です。

その名の通り、帯(バンド)状の鋸刃(ソー)を回転させることで、金属や木材などを切断するものです。
鋸刃を一方向に回転させながら切断を行うことができるため、他の切断工具と比較しても扱いやすく、スムーズに美しい切断面が作れます。
主にはパイプや丸棒といった鋼材の素材を加工し、目的のサイズに切断する際に使われる方法です。
バンドソーは鉄素材(鉄骨)切断用、木工素材切断用、食品加工用と用途に分かれていますが、今回は鉄製品加工用のバンドソーについてご紹介します。

バンドソーのおおまかな特徴

バンドソーの鋸刃(回転ブレード)は全てが同じ方向を向いた状態で、ループ状に付いており、鉄骨や木工素材を一方向に切断することができます。2つのプーリーに帯状のブレードがはめ込まれており、モーターがプーリーを回転させてブレードを動かす仕組みになっています
切断の方向が片方向なので、綺麗な切断面に仕上がるという特徴があります。

さらに、同じように金属を切断できるチップソーカッターもありますが、チップソーのように超高速で回転する鋸刃ではないので、火花も出ず、焼けもない、バリやカエリも少なく切断できるという利点があります。バンドソーなら騒音も比較的小さいと言えます。
バンドソーは刃幅が広く、摩擦熱が出ないように低速回転しています。切断中に急に動いたりすると素材がブレて切断面が汚くなるので注意が必要です。

バンドソーの構造

他の工具と比較しても、バンドソーの構造は非常にシンプルなものになります。
上下に2個の車輪(滑車、もしくはプーリーと呼ばれます)を持つ立型バンドソーは、プーリーに回転鋸刃をセットする構造です。
スイッチを入れると、モーターの力で下のプーリーが動き、鋸刃が回転する仕組みになっています。
横型バンドソーではプーリーは左右に設置されています。

バンドソーの種類

区分の仕方もいくつかありますが、形状の特性から縦型と横型、ポータブルの3機種が代表的なものになるので、まず確認しましょう。

縦型バンドソー
回転鋸刃(ブレード)が垂直方向に設置され、切断位置も垂直であるバンドソーのことです。
ブレードに加工対象物を近づけて切断していく形になります。
台を前後に傾斜する機種タイプもあります。その場合はブレードが固定されるため、対象物を移動させることで切断していきます。

横型バンドソーに比べて汎用性が高いので、輪郭形状の曲面切断であったり、長尺素材の切断や表面研磨(ポリッシング)といった複雑な加工も可能です。特殊な工具や冶具といった準備が不要で、押し付けるだけで切断を始められますので、多品種少量生産の体制にはこの立型バンドソーが適している場合が多いようです。 

横型バンドソー
横型のバンドソーは回転鋸刃(ブレード)が水平方向を向いているのが特徴です。
それにともない切断位置も水平になっています。対象物をバイスなどで固定しておき、ブレードが上から下りることで切断加工します。対象物が丸棒の際には、チェーン式のワーク保持具が必要になります。

横型バンドソーは、対象物が固定されており、一定の間隔と方向で鋸刃が作動するため、正確なサイズに切断できることが大きな利点です。細かい素材の切断も得意と言えます。また、自動送り装置などの周辺機器に関しては、横型バンドソーのほうが充実している背景もあり、少品種大量生産の場合は、横型バンドソーが適していると考えられます。

ポータブルバンドソー
動かすことができない対象物の切断や、切断機を運んで移動して切断したい場合など、活用されるのが小型で軽量化されたタイプのポータブルバンドソーです。ポータブルバンドソーはその名の通り、持ち運びができ、単純な切断から、曲線状の切断、複雑な輪郭形状の切断まで幅広い加工を行うことが可能です。最近は、充電式コードレスのポータブルバンドソーも多く活用されているようです。

便宜性が高く、最近普及しつつある機種です。充電式タイプが大半のため、移動させることができない対象物の切断はもちろんですが、高所で行う作業や、上向きに作業したい場合など様々な場面に対応できます。作業をコードレスでこなすことができるのが大きな利点と言えます。また、別途スタンドを準備し本体に取り付けることで、卓上横型タイプとして使用できる機種があったり、ツライチ切断に対応できる機種など種類も広がっています。用途や使い勝手を想定し、適切な機種を選びたいですね。

上記の種類区分に加え、別の角度から全体を区分すれば、机上に設置できる卓上タイプと持ち運びに便利なポータブルタイプ、床などに設置する据え置きタイプの3つに分けることができます。

据え置きタイプ
バンドソーの中でも大型の機種です。製造業など、工業系の領域で主に使われています。据え置きタイプの中でも縦型と横型の二つに区分できます。それに加え、比較的小型のもので、木工専用機種もあります。こちらは製材所などでよく用いられています。

さらに、最近ではポータブルタイプと卓上タイプの機能を併せ持つハイブリッドタイプや、卓上横型タイプにキャスターを付けて移動しやすく改良したキャスタータイプも登場しています。

ハイブリットタイプ
ポータブルタイプと卓上横型タイプの機能を併せ持つ機種。本体とテーブル部分が分離できるため、通常は卓上横型タイプとして使用し、
必要な時のみポータブルタイプに代えるといった柔軟な用い方ができます。汎用性と便宜を考えて選択肢に入れるとよいでしょう。

キャスタータイプ
大口径向けの卓上横型タイプは、重量がネックになることがあります。そこで、四輪のキャスターを取り付けることで、一人で移動できるようにしたタイプです。大口径鋼管など重量のあるものや、大型の鋼材を加工したい場合も、素材を動かす必要なく、機械を対象物のところまで移動させて作業することが可能になります。

機種選びのポイント

バンドソーを選ぶポイントは、【本体の形状・切断可能な素材/材質・最大切断能力・機種機能・電源】などが挙げられます。
バンドソーは鋸刃の速度が低速なので、切断時に火花が飛んだり、また大きな機械音も出ず、様々な場面で使用することができます。その特性も踏まえた上で要望に見合った機種を選んでいきましょう。

-切断可能な素材で選ぶ
バンドソーは機種により切断できる、できないが決まっています。これは、ブレードの回転速度が関係しているためで、例としては木工専用の機種に金工用ブレードを付けても金属切断には使えないなどです。

-最大切断能力で選ぶ
バンドソーの特徴として、機種ごとに切断できる能力が異なります。
鋸刃の幅により最大切断能力が決まります。最大切断能力を上回るサイズの素材は切断できないので事前の確認が必須です。
パイプの切断能力が基準になってくるため、ポータブルタイプは切断能力が低めであったり、卓上型や据え置き型は切断能力が高めといった具合です。切断したい素材のサイズを確認し、余裕を持って適切に対応できる機種を選ぶことが必要です。

-電源で選ぶ
電源はAC電源と充電式、2種類があります。充電式はポータブルタイプのみ、それ以外はAC電源式です。運用したい場所に合った電源の機種を選ぶといいでしょう。

-機能で選ぶ
機能が多岐にわたるバンドソーは高価格になりやすい工具です。それだけ便利に作業することが実現します。切断できる素材を広げる「変速機能付き」などは非常におすすめです。

・切断面が見やすいLEDライト付き
・粉塵飛散や目詰まりを防ぐ機能(集塵機接続)付き
・素材ごとに速度を変えられる変速機能付き
など、機能面にもぜひ着目してみてください。

ブレードの選び方

ブレード1インチ内にある鋸刃の数をピッチ、もしくは山数と呼んでいます。
例えば、
18ピッチならば鋸刃のサイズは1.4mm
14ピッチならば鋸刃のサイズは1.8mm
となります。※1インチを25.4mmで換算

鉄骨など硬い金属素材を切る場合は、ピッチ数が多い(目が細かい)ブレードを選びます。逆に、アルミなど柔らかい素材の場合はピッチ数が少なめ(目が粗い)ブレードを選択することが必要です。最近の傾向として、鋸刃のサイズが均等ではない「コンビ刃」と言うブレードが多く出回っているようです。刃の大きさが一定でないために、切断速度が速くなる特徴があり、鋼からステンレスといった難削材まで、非常に幅広い材料の切断に使用されています。コンビ刃ブレードではピッチ表記が「14/18」といった形で記載されています。 (14/18は、すなわち1.8mmと1.4mmの鋸刃が交互に混ざったブレードです)

終わりに

今回は、バンドソーについてまとめました。
金属素材の切断機であるバンドソーの特徴を簡単におさらいすると…
バンドソーには、縦型・横型・ポータブル型がある。
立型では、素材をブレードに近づけて切断。
横型は、ブレードが素材に近づいて切断。
ポータブル型は動かせない素材や高所での切断作業に対応できる。

そして、鋸刃(ブレード)の選択については、硬い対象物には目が細かいブレードを、柔らかい対象物には目が粗いブレードが適しています。
以上でポイントを押さえていただけたと思います。バンドソーは、木材・樹脂・鋼管まで切断することができる工具。機種選び方に迷った際は、本体形状・切断できる素材・最大切断能力だけに絞ってみるのもおすすめです。

例えば、最大切断能力は、ブレードの露出幅により決まっているものなので、最大値が大きければ、それだけ大きな素材を切断できますが、バンドソー本体のサイズも比例して大きくなっていきます。必要以上の性能を求めずに、用途に見合った製品を選ぶこともポイントかと思います。

 

 

中古計測器、測定器を売買したい会社様へ

当サイトはEkuipp(エクイップ)株式会社が運営しております。 法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム【Ekuipp(エクイップ)】を提供しております。 興味がある会社様はまずは資料請求ください。
ライター紹介
ライタープロフィール
Curumi

京都大学文学部卒、企業の人事部や編集部を経て現在は在宅でライティングを中心に活動。企業広告やファッション等さまざまなジャンルに取り組んでおります。関西在住、小学生男子育児に日々奮闘中です。

計測器・工作機械・分析機器紹介
Ekuipp(エクイップ) Magazine
タイトルとURLをコピーしました