理化学機器の買取業者4社を比較「Ekuipp(エクイップ)とどこが違うのか」

 

計測器、測定器、精密機器などの理化学機器は、製造現場のマザー・ツールと呼ばれることがあります。世界に冠たる日本のモノづくりは理化学機器が支えているといってよく、「母なる機器」という表現は決して大袈裟ではありません。

当社、Ekuipp株式会社は、工場や研究室が使わなくなった理化学機器を買い取り、販売する事業を展開しています。
中古であってもまだまだ現役で使える理化学機器を、リーズナブルな価格で市場に流通させる仕事は、厳しい競争にさらされている日本のモノづくり企業を陰で支える取り組みであると考えています。

そこで、モノづくりに携わるすべての人に理化学機器の買取事業を理解していただきたく、このビジネスを行っているEkuippを含む4社のサービス内容を紹介します。

4社の概要は以下のとおりです。

●株式会社オフィスバスターズ様(以下、オフィスバスターズ)
本社:東京都中央区日本橋室町1-5-3 三越前福島ビル2F
設立:2003年6月20日
資本金:1億円

●日立キャピタルサービス株式会社様(以下、日立キャピタルサービス)
本社:東京都港区西新橋1-3-1 西新橋スクエア
設立:1989年10月21日
資本金:34億1,000万円

●テクノミックス株式会社様(以下、テクノミックス)
本社:東京都中央区東日本橋1-9-10
設立:1997年4月9日
資本金:1,000万円

●Ekuipp株式会社(以下、Ekuipp)
本社:東京都大田区西蒲田六丁目32番地11号 J-Create+
設立:2018年3月7日
資本金:5,100万円

オフィスバスターズの特徴

オフィスバスターズは、その社名のとおり企業の事務所で使う机や椅子、ラック、ホワイトボードなどを扱っています。店舗は、北は仙台、南は福岡、フィリピンまで34店もあります。
オフィスバスターズは多種多様な「企業が必要なもの」を取り扱っていて、理化学機器はそのone of themになります。とはいえ、取り扱う中古理化学機器の品ぞろえは豊富で、例えば次のとおりです。

■分離分析装置
●液体クロマトグラフ●ガスクロマトグラフ●イオンクロマトグラフ●飛行型質量分析装置●プラズマ発光質量分析装置

■顕微鏡・測定機器
●測定顕微鏡●デジタルマイクロスコープ●万能投影器●光分析装置●三次元計測装置

■光分析装置
●紫外・可視分光光度計●フーリエ変換赤外分光光度計●原子吸光分光光度計

■環境分析装置
●全有機体炭素計

■バイオ分析装置
●DNAシーケンサー●リアルタイムPCR

■その他
●デジタルマイクロスコープ●測定顕微鏡●万能投影器●非接触変位計●三次元計測装置

オフィスバスターズは、メーカーの開発部門や大学、研究機関からの買い取り実績があります。

日立キャピタルサービスの特徴

日立キャピタルサービスは、日立グループのリユースビジネスを担う会社です。
理化学機器以外にも、工作機械、産業機械、フォークリフト、情報機器、OA機器を買い取り、販売しています。

日立キャピタルサービスが、過去に取り扱ったことがある理化学機器は次のとおりです。

■エネルギー分散型蛍光X線分析装置
■リアルタイムPCRシステム
■Orion VERSA STAR PRO pHメーター VSTAR12
■蛍光X線膜厚測定装置
■ドキュpHメーター
■実験用振動式カップミル MC-4A
■Revco 超低温槽 UXF50086
■実体顕微鏡 SZX16
■微量高速遠心機 CF-16RN
■マッフル炉 FO510
■走査電子顕微鏡 JSM-6610LA
■全有機体炭素測定 TOC-LCPH

テクノミックスの特徴

テクノミックスは半導体製造装置の販売からスタートした会社で、現在は化学分析機器、理化学機器、電子計測器、産業機器も取り扱っています。
メインの事業は、中古機器の買い取りと販売になります。

取り扱い実績のある理化学機器は次のとおりです。
●ガスクロマトグラフ●高速液体クロマトグラフ●ガスクロマトグラフ質量分析装置●液体クロマトグラフ質量分析装置●赤外分光分析装置●可視紫外分光分析装置●走査型電子顕微鏡●固相抽出装置●電子天びん●ブロックヒータ●高速溶媒抽出装置
●スペクトラムアナライザ●信号発生器●オシロスコープ●ネットワークアナライザ●DMM●周波数カウンタ

テクノミックスも実績が豊富な会社で、大学、薬品原料メーカー、環境分析会社、食品メーカーなどと取り引きがあります。

理化学機器の中古ビジネスの難しさ

当社Ekuippの特徴を紹介する前に、理化学機器の買い取り・販売事業の「難しさ」について解説します。
この事業は、中古の機械を買って、それを洗って販売するだけでは終わりません。
例えば中古の自動車であれば、購入者は「中古だから妥協しよう」という気持ちが働きます。そのため、走って曲がって止まることができれば、新車より性能が落ちていても、購入者は納得できます。

しかし理化学機器は正確さが命の商品です。中古の計測機器だから誤差が大きくても許されるわけではありません。

したがって理化学機器の買取業者は、まだ使える機械かどうかを見極める目を持っていなければなりません。もしくは、現状は誤差が大きくなっていても、消耗品を交換したり、修理したりすることで、新品同様の精度が出せるかどうかを見極めなければなりません。

理化学機器の買取業者はさらに、さまざまな種類の理化学機器の構造や動かし方や仕様内容を知っておかなければなりません。動作確認をして「まだ使える」ことを確かめなければならないからです。

Ekuipp(エクイップ)の特徴

それではEkuippの理化学機器の買い取り・販売事業の特徴を紹介します。

取り扱う理化学機器「専門ならではのラインナップ」

Ekuippがこれまでに取り扱った理化学機器は次のとおりです。

■基本電気・電子測定器
●デジタル マルチメーターTR6846(アドバンテスト)●直流電源装置コントロールユニット PIA3200(菊水電子工業)●シャント・ユニット(菊水電子工業)●ユニバーサルカウンター53132A(Keysight)●PAN110-5A 直流安定化電源(菊水電子工業)●R6441C デジタルマルチメーター(アドバンテスト)●53181A ユニバーサルカウンター(アジレント)●E3631A 直流安定化電源 (アジレント)●PAS20-54 直流安定化電源(菊水電子工業)

■波形測定・データ収集機器
●500MHz オシロスコープ 9350A(Teledyne LeCroy)●オシロスコープ CS-1022(KENWOOD)●ベンチトップオシロスコープ WaveJet 312-A(Teledyne LeCroy)●デジタルオシロスコープTDS2024B(テクトロニクス)●スペクトラムアナライザ GSP-730(テクシオ・テクノロジー)●MDO4034C型 ミックスド・ドメイン・オシロスコープ(テクトロニクス)

■電気・電子専用測定器
●電圧計 ボルトメーター 2CHANNEL AUDIO SSVM VT-150(KENWOOD)●発振器 オシレータ CR OSCILLATOR AG-203(KENWOOD)●電圧計 ボルトメーター 2CHANNEL AUDIO SSVM VT-150(KENWOOD)●イメージメジャー(画像寸法測定器)(キーエンス)●電圧計 ボルトメーター 2CHANNEL AUDIO SSVM VT-150(KENWOOD)●発振器 オシレータ  CR OSCILLATOR AG-203(KENWOOD)●イメージメジャー(画像寸法測定器)(キーエンス)●E4419B パワーメーター(Keysight)●耐圧試験器 TOS8650(菊水電子工業)●LINKSPRINTER モデル300(フルークネットワークス)●Laser Diode Controller(ILX Lightwave)●Radio Communication Analyzer(アンリツ)●Digital Power Meter(横河電機)●Measuring amplifier(BRUEL & KJAER)●FM-AM 標準信号発生器  KSG4300(菊水電子工業)

■環境・科学測定器
●サーモビジョン(赤外線カメラ)(FLIR)●普通騒音計 NL-27(リオン)●デジタル風速計 CW-10(カスタム)●測定用可視プレートリーダー(GE Healthcare Bio-Science)

■スコープ
●ディレイユニット C1097(浜松フォトニクス)●顕微鏡用光源 BH2-RFL-T3(オリンパス)●マイクロスコープ MS-300S(朝日光学機製作所)●マイクロスコープ OP-170805(朝日光学機製作所)

これらはEkuippの取扱商品のほんの一部にすぎません。
ベンチャー企業のEkuippがこれだけ豊富なラインナップを用意しているのは、「理化学機器専門」を掲げているからです。

企業のこだわりを実現したい

中古の理化学機器を探している企業や研究機関は、強いこだわりを持っています。必要な機種が限定されるのはもちろんのこと、技術者たちは一般的に、使い慣れたメーカーの機器を使いたいと考えます。さらに、機器のスペックも重大な関心事となっています。

Ekuippでは、開発者や研究者、技術者たちに、ベストの理化学機器を使ってもらいたいので、なるべく多くの製品を調達しています。この充実したラインナップを可能にしているのが、マーケットプレイスです。

Ekuipp(エクイップ)のマーケットプレイスとは

マーケットプレイスとは、モノを売りたい企業が出品して、モノを買いたい企業がそれを購入する、インターネット上の市場のことです。テレビCMでおなじみのメルカリは、一般の人向けのマーケットプレイスといえます。

当社のマーケットプレイスの名称は社名と同じで、「オンラインマーケットプレイスEkuipp」といいます。

なぜ高く売って、安く買えるのか

オンラインマーケットプレイスEkuippを使えば、理化学機器を売りたい企業や研究施設は「高め」に売却することができます。一方、中古の理化学機器を探している企業や研究施設は「安め」に購入することができます。

高く売って、安く買うことができるのは、Ekuippは手数料を低く設定しているからです。
理化学機器を買い取って販売する場合、管理コストがかかるので、販売価格はどうしても割高になってしまいます。
しかしオンラインマーケットプレイスEkuippなら、中古機器は売却できるまで売り手が保有しているので、管理コストがかかりません。

出品代行サービスを利用すれば手間要らず

また、オンラインマーケットプレイスEkuippでは、Ekuippが売り手企業に代わって出品します。早く売るには、商品の写真や商品の状態をサイトに掲載する必要がありますが、それらの作業をすべてEkuippが代行します。
発送作業もEkuippで請け負うこともできます。

工場に眠っている理化学機器も売れます

工場や研究室の片隅に眠っている理化学機器があったら、オンラインマーケットプレイスEkuippに出品してみませんか。
「こんな古い機械が売れるはずがない」と思っている機器こそ、Ekuippのサイトに掲載してみましょう。

Ekuippで買い手がつけば、売却して得たお金は、そのまま企業の収入になります。
もう維持費も管理費も要らなくなり、心配していた廃棄コストも節約できます。研究室のスペースを有効活用することもできます。

まとめ~売れば利益にも財産にもなる

日立キャピタルサービスは、理化学機器の買い取り・販売のことを「環境負荷を低減させる、社会的責任を果たす事業」と位置づけています(*1)。
当社も同じ思いでこの仕事に取り組んでいますし、他の2社も同じでしょう。

使わなくなった理化学機器は、残念ながら「箪笥の肥やし」にもなりません。しかしそれを売却すればお金を生み、維持費を不要にします。そして、それを買った企業は、財産が増えることになります。
理化学機器に再び命を吹き込むために、私たち買取業者をご活用ください。

中古計測器、測定器を売買したい会社様へ

当サイトはEkuipp(エクイップ)株式会社が運営しております。 法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム【Ekuipp(エクイップ)】を提供しております。 興味がある会社様はまずは資料請求ください。
ライター紹介
ライタープロフィール
アサオカミツヒサ

フリーライター、ライティング事務所office Howardsend代表。北海道大学法学部を卒業後、鉄鋼メーカー、マスコミ、病院広報などを経て2017年独立。取材した分野は、地方政治、地方経済、過疎化、ワーキングプアなど。現在の執筆領域はIoT、AI、産業一般、人事制度、金融、最新抗がん剤、生活習慣病治療など。趣味はクルマとバイクと登山。北海道釧路市在住。

ビジネス環境
Ekuipp(エクイップ) Magazine
タイトルとURLをコピーしました