FLIR(フリアー) E4/E5/E6/E8 赤外線サーモグラフィーカメラ

データシート

FLIR_E4

パソコン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】 スマートフォン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】

概要

FLIR E4/E5/E6/E8®

【近距離】【中距離】ハイコストパフォーマンスサーモグラフィーカメラ

手軽で万能な性能のサーモグラフィーカメラをお求めの方へお勧めいたします。

2017年春リニューアル、 Wi-Fi機能を搭載しました。片手で操作が完結できます。トリガー式シャッターを採用しました。

◆他社との違い…特許取得技術 『MSX®機能』搭載、3タイプの撮影モードで些細な欠損も見逃しません。

◆ 『MSX®機能』とは…MSX®機能(スーパーファインコントラスト機能)は、リアルタイムで画像を補正することができ、構造物の詳細や発熱箇所の判別が熱画像上で容易に行えます。また、デジタルカメラモードとの同時撮影も可能で、同画角の可視画像を簡単に生成することができます。

 

主な特長

・国内でフルメンテナンスが可能です。

・Wi-Fi機能を搭載しています。

・対落下衝撃性能に優れています。

・閾値設定機能、カラーアラーム機能を備えています。

・リプレーサブルバッテリーを採用しています。

・片手ですべての操作が可能です。

製品画像

製品仕様

基本仕様

【型式】FLIR E4 Wi-Fi/ FLIR E5 Wi-Fi/ FLIR E6 Wi-Fi/ FLIR E8 Wi-Fi

【熱画像解像度】80×60(30万画素)/120×90(30万画素)/160×120(30万画素)/320×240(30万画素)

【計測温度範囲】-20〜250℃

【検出器】非冷却マイクロボロメーター

【視野角・瞬時視野角(IFOV)】45°・10.3mrad/45°・6.9mrad/45°・5.2mrad/45°・2.6mrad

【温度分解能(NETD)】0.15℃/0.1℃/0.06℃/0.06℃

【フレームレート】9Hz ※温度情報付き動画は約3Hzとなります。(PC接続)

【最小撮像距離(MSX®時)】 サーマル:0.15m/MSX®:1m

画像表示とモード

【液晶ディスプレイ】3インチ320×240カラーLCD

【カラーパレット】アイアン/レインボー/グレイ

【画像モード】MSX®/デジタルカメラ/熱画像ピクチャインピクチャ/ブレンド

測定と分析

【精度】±2℃または±2%(環境温度25℃)

【スポット/ボックス/カラーアラーム】◯

【補正プリセット】マット/セミマット/セミグロッシー/カスタム値

データフォーマット

【静止画(保存枚数)】温度データ付JPEG(内蔵メモリ500枚)

【赤外・可視ストリーミング】◯(”FLIR Tools”使用)

追加情報

【Wi-Fi】ピアトゥーピア・インフラストラクチャ

【対落下衝撃性能】2m

【バッテリー稼働時間/充電時間】4時間(@25℃)リチウムイオン電池/2.5時間

【動作温度/保存温度範囲】 -15〜50℃/−40〜70℃

【質量/寸法】 575g/244×95×140mm

製品分布図

標準付属品

FLIR E4 Wi-Fi/ FLIR E5 Wi-Fi/ FLIR E6 Wi-Fi/ FLIR E8 Wi-Fi ※共通

カメラ本体

キャリングケース

USBケーブル

バッテリー×1(E8は×2、充電スタンド付き)

充電用ACアダプタ

取り扱い説明DVD

アクセサリ

・校正証明

・専用ポーチ

・専用バッテリー

・充電器(ACアダプタ付)

クイックスタートガイド

主な操作手順

※FLIR E4 Wi-Fi/ FLIR E5 Wi-Fi/ FLIR E6 Wi-Fi/ FLIR E8 Wi-Fi 共通

  1. バッテリーをチャージする。(チャージ方法はUSBコネクタを使用しPCに接続するなど、3通りあります。)
  2. On/Offボタンを押してカメラを起動する。
  3. レンズキャップレバーを押してレンズキャップを開ける。
  4. 対象物にカメラを向ける。
  5. 引き金を引いて画像を保存する。
  6. ”FLIR Tools”をPCにインストールする。(※6以下は任意の手順)
  7. ”FLIR Tools”を立ち上げる。
  8. USBケーブルを使用してカメラをPCに接続する。
  9. ”FLIR Tools”に画像をインポートする。
  10. ”FLIR Tools”でPDF形式のレポートを作成する。

 

※サイト内user manualより引用いたしました。

主なディスプレイ表示要素

ディスプレイ表示イメージ

(ディスプレイ図説)
  1. [メインメニュー]ツールバー
  2. [サブメニュー]ツールバー
  3. スポットメーター
  4. 結果表示
  5. ステータスアイコン
  6. 温度スケール

中古計測器、測定器を売買したい会社様へ

当サイトはAnyble(エニブル)株式会社が運営しております。 法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム【Ekuipp(エクイップ)】を提供しております。 興味がある会社様ははこちら↓。登録料は無料です。

パソコン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】 スマートフォン用の画像:法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム 【Ekuipp(エクイップ)】

ライター紹介
ライタープロフィール
Ekuipp Magazine編集部

法人間で中古計測器・測定器の売買を専門にしているプラットフォームEkuippが運営する、Ekuipp Magazineの編集部です。機材に関するあらゆる情報を発信していきます。

データシート
Ekuipp(エクイップ) Magazine