Agilent N9340Bハンドヘルド・スペクトラム・ アナライザ データシート

データシート

ハンドヘルド・スペクトラム・ アナライザ Agilent N9340B

フィールド・テストの信頼性を保証し、優れた性能を実現しました。

優れた感度:クラス最小の DANL/最高速の掃引速度 /高分解能

主な特徴

スペクトラム測定

軍事通信、無線サービス・プロバイダ、 スペクトラム管理などの分野では、 通信が途絶えることがあってはなりません。N9340Bを使用すると、対象スペクトラムを正確かつ詳細に測定できます。

必要な確度を最短の時間で

テストでは、見つけにくい過渡的な干渉信号を識別するために、高速でのデータ捕捉が必要です。このために、 N9340B スペクトラム・アナライザで はきわめて高速な掃引が行えます。帯域幅全体の測定にかかる時間を減らして、より信頼性の高いテスト結果が得られます。これにより、同じ時間とコストでより多くの結果を得ることができます。 信頼できるテスト結果 スプリアス信号とノイズは、あらゆる ネットワーク・ユーザにとって重大な 関心事です。狭い分解能帯域幅(RBW)での優れた表示平均ノイズ・レベル (DANL)と単側波帯(SSB)位相雑 音性能により、信号測定の信頼性が向上します。N9340B の小さな DANLとSSB 位相雑音により、搬送波近傍のきわめて低レベルの信号(スプリアスやノイズ)を検出できます。これらの信号は通常は発見困難であり、スペクトラムの識別が不十分あるいは不正確になる原因となるものです。

N9340BのRBW はクラス最小です。 30Hz の帯域幅により、近接する2つの信号を容易に分離して測定できます。また、N9340B の分解能フィルタのシェープ・ファクタは5 以下なので、 振幅が異なる近接信号を分離できます。 しかも、RBWが小さいため、スペク トラム・アナライザ自体から発生するノイズがきわめて小さく、さらにノイズ・レベルを下げてDANLを改善できます。 

優れた感度

市販される無線デバイスに必要な帯域幅の増大とともに、異なる信号間の区 別がより困難になっています。このような厳しい条件で、N9340B アナライザの優れた性能は真価を発揮します。 N9340Bの感度および選択度は最高水 準です。DANLはプリアンプ・オフで-124 dBm、プリアンプ・オンで-144 dBmです(30Hz RBW、10 MHz < Fc ≦ 1.5 GHz)。オプションの 20 dB 利得のプリアンプを使うと、アナライザ感度をさらに向上できます。 

高速測定

スペクトラムは有限の資源であり、その利用には管理が必要です。周波数割 り当てを管理する多くの規制機関は、サービス・プロバイダやネットワーク・ プロバイダに対して、信号パワーと伝送周波数の安定度の定期的なモニタリングを義務付けています。

 

 製品画像

  • 周波数レンジ:100 kHz ~ 3 GHz 
  • DANL:(RBW = 30 Hz、 10 MHz < fc ≦ 1.5 GHz) ■ - 124 dBm ■ - 144 dBm(プリアンプ・オン) 
  • 掃引速度 ■ 10ms ~ 1000s (スパン ≧ 1 kHz) ■ < 120ms(フル・スパン) 
  • RBW:30 Hz ~ 1 MHz、 1-3-10 シーケンス
  • VBW:3 Hz ~ 1 MHz 
  • SSB 位相雑音:-87 dBc/Hz (30 kHz のオフセット) 
  • 振幅確度:±1.5 dB

仕様 

仕様は以下の条件で有効です。 

  • 30分間のウォームアップ後、かつ動作温度での2時間以上の動作または保管後 
  • 有効校正期間内 
  • 許容範囲が示されていないデータは代表値です。「代表値」と記されたデータは製品保証の対象ではありません。

周波数 

【周波数】 

周波数レンジ: 100 kHz ~ 3 GHz(9 kHz まで同調可能) AC 結合 

【内部 10 MHz 周波数基準の確度】

エージング・レート: ± 1 ppm/ 年

温度安定度: ± 2 ppm 0 ℃~ 30 ℃ 上記に+ 2 ppm/10 ℃を加算 30 ℃~ 50 ℃ マーカによる周波数読み値の確度(スタート、ストップ、中心、マーカ) 

マーカ分解能:(周波数スパン)/(掃引ポイント数- 1)

不確かさ: ±(周波数表示値×周波数基準の不確かさ+ 1%× スパン+ 20% ×分解能帯域幅+マーカ分解能+ 1 Hz) 

※周波数基準の不確かさ =(エージング・レート × 調整からの時間+温度安定度)

【マーカ周波数カウンタ】

分解能: 1 Hz 

確度: ±(マーカ周波数×周波数基準の不確かさ+カウンタ分解能) 

※RBW/ スパン ≧ 0.02、マーカ・レベルから表示まで ノイズ・レベル> 25 dB、周波数オフセット 0 Hz 

※周波数基準の不確かさ =(エージング・レート × 調整からの時間+温度安定度) 

【周波数スパン】

レンジ: 0 Hz(ゼロ・スパン)、1 kHz ~ 3 GHz 

分解能: 1 Hz 

確度: ±スパン /(掃引ポイント数- 1) 

【SSB 位相雑音】 

搬送波オフセット: 30 kHz <- 87 dBc(1 Hz) 

100 kHz <- 100 dBc(1 Hz)

 1 MHz <- 120 dBc(1 Hz)

 ※20 ℃~ 30 ℃、代表値

 fc = 1 GHz、RBW 100 Hz、VBW 10 Hz、RMS ディテクタ

【分解能帯域幅(RBW)】

 - 3 dB 帯域幅: 30 Hz ~ 1 MHz 1-3-10 シーケンス 

確度: ± 5% 公称値 

分解能フィルタのシェープ・ファクタ: < 5:1 60 dB/3 dB 帯域幅比、公称値、デジタル、近似的にガ ウシアン形状 

【ビデオ帯域幅(VBW)】

- 3 dB 帯域幅: 3 Hz ~ 1 MHz 1-3-10シーケンス 

確度: ± 5% 公称値 N9340B ハンドヘルド・ スペクトラム・アナライザ 

振幅

【測定レンジ】

 表示平均ノイズ・レベル(DANL)~+ 20 dBm 

入力アッテネータ・レンジ: 0 ~ 51 dB、1 dB ステップ

【最大安全入力レベル】

平均連続パワー: ≧+ 33 dBm、最大 3 分間、公称値

※入力アッテネータの設定 ≧ 20 dB 

(入力レベル> 33 dBm で入力保護スイッチが動作) 

DC 電圧: 50 Vdc(最大) 

【表示平均ノイズ・レベル】

プリアンプ・オフ: 基準レベル ≦- 50 dBm 

100 kHz < fc ≦ 1 MHz <- 90 dBm 

1 MHz < fc ≦ 10 MHz <- 110 dBm 

fc = 50 MHz - 126 dBm(代表値) 

10 MHz < fc ≦ 1.5 GHz <- 124 dBm 

1.5 GHz < fc ≦ 3 GHz <- 117 dBm 

fc = 1.9 GHz <- 122 dBm(代表値)

プリアンプ・オン: 基準レベル ≦- 70 dBm 

100 kHz < fc ≦ 1 MHz <- 115 dBm 

1 MHz < fc ≦ 10 MHz <- 128 dBm 

fc = 50 MHz - 146 dBm(代表値) 

10 MHz < fc ≦ 1.5 GHz <- 144 dBm 

1.5 GHz < fc ≦ 3 GHz <- 136 dBm 

fc = 1.9 GHz <- 142 dBm(代表値) 

※RBW = 30 Hz、VBW = 3 Hz、入力は 50 Ω で終端、0 dB 減衰、RMS ディテクタ、トレース・アベレージ ≧ 40 

【レベル表示範囲】

 ログ・スケール/単位: 10 ~ 100 dB、10 div 表示、1、2、5、10 dB/div dBm、dBmV、dB μ V 

リニア・スケール/単位: 0 ~ 100%、10 div 表示 V、μ A、mW、W 

掃引(トレース)ポイント数: 461 

マーカ・レベル読み値分解能: ログ・スケール 0.01 dB リニア・スケール 基準レベルの 0.01% 

ディテクタ: ノーマル、正ピーク、サンプル、負ピーク、対数パワー・ アベレージ、RMS アベレージ、電圧アベレージ 

トレース数: 4 

トレース機能: クリア/書込み、最大値ホールド、アベレージ 

レベル測定誤差: ± 1.5 dB(入力の VSWR 不整合を除く) 0.5 dB、代表値

 

※20 ~ 30 ℃、ピーク・ディテクタ、プリアンプ・オフ、 入力信号 0 dBm ~- 50 dBm、20 dB 入力減衰、周波数 > 1 MHz、自動掃引時間、RBW = 1 kHz、 VBW = 1 kHz、ノイズ低減のためにトレース・アベレー ジングをオン

【基準レベル】

 設定範囲: - 100 ~+ 20 dBm 1 dB ステップ 

設定分解能: ログ・スケール 0.1 dB、リニア・スケール 基準レベルの 1% 

確度: 0

※ 基準レベルは表示だけに影響し、測定に影響しないの で、トレース・データ・マーカによる測定結果に誤差 を追加することはありません。 

【RF入力の VSWR(同調周波数で)】

アッテネータ設定 0 dB < 1.8:1 10 MHz ~ 3.0 GHz、公称値 

アッテネータ設定 10 dB < 1.8:1 100 kHz ~ 10 MHz、公称値 

< 1.5:1 10 MHz ~ 2.5 GHz、代表値 

< 1.8:1 2.5 GHz ~ 3.0 GHz、代表値 

アッテネータ設定 20 dB < 1.6:1 100 kHz ~ 10 MHz、公称値 

< 1.4:1 10 MHz ~ 3.0 GHz、代表値 

【スプリアス応答】

2次高調波歪み(2 次高調波インターセプト): <- 70 dBc 

※ミキサ・レベル = - 40 dBm 

3次相互変調(3 次インターセプト): + 10 dBm、代表値 

※3 次相互変調成分、2 ×- 20 dBm、基準レベル - 10 dBm、中心周波数 300 MHz、周波数間隔 200 kHz 

入力に関連したスプリアス: <- 70 dBc 入力ミキサに- 40 dBm の信号、キャリア・オフセッ ト > 1 MHz 

固有残留応答: <- 88 dBm 入力終端、0 dB RF 減衰、プリアンプ・オフ、基準レ ベル- 30 dBm、f > 30 MHz、RBW ≦ 10 kHz 

掃引

【掃引時間】 

範囲: 10 ms ~ 1000 s スパン ≧ 1 kHz 

    6 μs ~ 200 s スパン = 0 Hz(ゼロ・スパン) 

掃引モード: 連続、シングル 

トリガ・ソース: フリーラン、ビデオ、外部 

トリガ・スロープ: 正または負エッジを選択可能 

トリガ遅延: 範囲 6 μs ~ 200 s 分解能 6 μs 

フロント・パネル入力/出力 

【RF入力】 

コネクタ/インピーダンス: N 型(メス)、50 Ω 公称値 

VSWR: < 1.5:1 10 MHz ~ 3.0 GHz、入力アッテネータ ≧ 10 dB

【10 MHz 基準/外部トリガ入力】

基準入力周波数: 10 MHz 

基準入力振幅: 0 ~+ 10 dBm 

トリガ電圧: 5 V TTL レベル(最大 12.6 V、150 mA) 公称値 

コネクタ/出力インピーダンス: BNC メス、50 Ω 公称値 

【USB インタフェース】

 ホスト・コネクタ/プロトコル: A プラグ、バージョン 1.1 

デバイス・コネクタ/プロトコル: B プラグ、バージョン 1.1

一般仕様

【ディスプレイ】

 解像度: 640 × 480 ピクセル 

サイズ/タイプ: 6.5 インチ(170 mm)透過型、カラー・ディスプレイ 

【言語】

画面 GUI: 英語、簡体字中国語、繁体字中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ロシア語、スペ イン語、ポルトガル語 

【電源要件/校正】

 電圧: 90~120 または 195~263 Vac、47~63 Hz 12~18 Vdc、< 25 W オートレンジ 

消費電力: 12 W 代表値 

バッテリ: 動作時間(フル充電時) 4 時間 トラッキング・ジェネレータ・オフ

3 時間 トラッキング・ジェネレータ・オン 

充電時間 3 時間 

寿命 充電サイクル 300 ~ 500 回

ウォームアップ時間: 30 分 

校正周期: 1 年 

【環境仕様/サイズ 】

温度範囲: - 10 ~ 50 ℃ 動作時(バッテリ:0 ~ 50 ℃)

     - 40 ~+ 70 ℃ 保管時(バッテリ:- 20 ~ 50 ℃) 

相対湿度: < 95% 質量: 約 3 kg 正味(輸送時)、バッテリ込みで約 3.5 kg 

寸法: 約 318 × 207 × 69 mm 幅×高さ×奥行き 

【オプション】

 RF プリアンプ(オプション PA3) 

周波数レンジ: 1 MHz ~ 3 GHz 

利得: 20 dB 公称値 

【トラッキング・ジェネレータ(オプション TG3)】

周波数レンジ: 5 MHz ~ 3 GHz 

出力レベル: 0 ~- 25 dBm 1 dB ステップ 

出力フラットネス: ± 3 dB 50 MHz、0 dBm 基準 

VSWR: < 2.0:1 公称値 

コネクタ/インピーダンス: N 型(メス)、50 Ω 

【復調】

周波数レンジ: 10 MHz ~ 3 GHz 

搬送波パワーの確度: ± 2 dBm ± 1 dBm 代表値 

搬送波パワーの表示分解能: 0.01 dBm 

【AM 測定 】

変調周波数: 20 Hz ~ 100 kHz 

確度: 1 Hz、公称値(変調周波数 < 1 kHz) 

変調周波数の< 0.1%、公称値(変調周波数≧ 1 kHz) 

変調度: 5 ~ 95% 確度: ± 4% 公称値

【FM 測定】 

変調周波数: 20 Hz ~ 200 kHz 確度: 1 Hz、公称値

(変調周波数 < 1 kHz) 変調周波数の< 0.1%、公称値

(変調周波数≧ 1 kHz) 

偏移: 20 Hz ~ 400 kHz

確度: ± 4% 公称値 

【ASK 測定】

シンボル・レート範囲: 200 Hz ~ 100 kHz 

変調度/指数 範囲: 10% ~ 95% 

確度: ±(読み値の 4%)、公称値 

表示分解能: 0.1%

【FSK 測定】

シンボル・レート範囲: 1 kHz ~ 100 kHz 

FSK 偏移 

範囲: 1 kHz ~ 400 kHz 

確度: ±(読み値の 4%)、公称値 β * ≧ 1 かつβ ≦ 4 

表示分解能: 0.01 Hz * βは周波数偏移とシンボル・レートの比(偏移/レート)

* βは周波数偏移とシンボル・レートの比(偏移/レート)

中古計測器、測定器を売買したい会社様へ

当サイトはAnyble(エニブル)株式会社が運営しております。 法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム【Ekuipp(エクイップ)】を提供しております。 興味がある会社様はまずは資料請求ください。
ライター紹介
ライタープロフィール
Ekuipp Magazine編集部

法人間で中古計測器・測定器の売買を専門にしているプラットフォームEkuippが運営する、Ekuipp Magazineの編集部です。機材に関するあらゆる情報を発信していきます。

データシート
Ekuipp(エクイップ) Magazine
タイトルとURLをコピーしました