Agilent「8560ECシリーズ」スペクトラム・アナライザ

データシート

概要

8560ecシリーズ

Agilent 8560ECシリーズ・スペクトラム・アナライザは、カラー・ディ
スプレイとディジタイズ高速タイム・ドメイン掃引(8560Eシリーズのオプション856xE-007)を標準装備し、MILクラス3の堅牢性を備えたアナライザです。

同シリーズは周波数レンジ等の性能の違いにより、5つの製品にわかれます。

  • 8560EC:30Hz~2.9GHz
  • 8561EC:30Hz~6.5GHz
  • 8562EC:30Hz~13.2GHz
  • 8563EC:30Hz~26.5GHz
  • 8564EC:30Hz~40GHz
  • 8565EC:30Hz~50GHz

以下、具体的な仕様を紹介していきます。

周波数仕様

特に明記されていない限り、測定器の保証性能は以下の条件によります。

:環境条件から5分間のウォームアップ、自動結合、ディジタル表示、
IFADJオン、REF LVL CAL調整済み、50Ω終端の第2 IF出力/第1 LO出力。

30分間のウォームアップ後に20℃~30℃の温度範囲では、プリセレクタが必ずしも各信号においてピークに達する必要はありません。上記の条件では、工場出荷時のプリセレクタのピーク値は仕様を十分に満たしています。

また、代表値は保証された性能ではありません。補足特性は、「公称値」や「近似値」で表します。これらは、設計プロセスを通して得られた保証されていない測定器の性能情報で、継続的なテストはされていません。

周波数レンジ

8560EC 8561EC 8562EC 8563EC 8564EC 8565EC
内部ミキサ 30Hz~2.9GHz 30Hz~ 6.5GHz 30Hz~ 13.2GHz 30Hz~ 26.5GHz 30Hz~40GHz 30Hz~50GHz
外部ミキサ 18GHz~325GHz 18GHz~325GHz 18GHz~325GHz 18GHz~ 325GHz 18GHz~325GHz 18GHz~325GHz

 

周波数バンド  高調波ミキシング・モード(N)
30Hz~2.9GHz 1
2.75GHz~6.46GHz 1
5.86GHz~13.2GHz 2
12.4GHz~26.8GHz 4
26.4GHz~31.15GHz 4
31.0GHz~50GHz 8


周波数基準

オプション856xEC-103
温度安定度 ±1×10⁻⁸ ±1×10⁻⁶
経時変化(1年あたり) ±1×10⁻⁷ ±2×10⁻⁶
経時変化(1日あたり、公称値) ±5×10⁻¹⁰
初期達成可能確度 ±2.2×10⁻⁸ ±1×10⁻⁶
短期ウォームアップ確度係数(公称値) 5分:±1×10⁻⁷、15分:±1×10⁻⁸

周波数の読取り確度

(スタート、ストップ、センタ、マーカ周波数機能)

スパン>2MHz×N ±(周波数の読取り値×周波数基準の確度6+5%×スパン+15%×分解能帯域幅+10Hz)
スパン≦2MHz×N ±(周波数の読取り値×周波数基準の確度6+1%×スパン+15%×分解能帯域幅+10Hz)

周波数カウンタの確度

マーカ・カウント確度(S/N≧25dB) ±(マーカ周波数×周波数基準の確度+2Hz×N +カウンタの1LSD)
1GHzにおける確度
(25℃、1年間の経時変化、マーカ分解能=1Hz)
±225Hz(5分間のウォームアップ)±135Hz(15分間のウォームアップ)±3003Hz(オプション856xEC-103)
デルタ・カウント確度(S/N≧25dB) ±(デルタ周波数×周波数基準の確度 +4Hz×N+2LSD)
カウンタ分解能 1Hz~1MHzの範囲で選択可能

周波数スパン

範囲 0、100Hz~フル・スパン
(100Hz×N、外部ミキサを使用した場合)
確度 スパン>2MHz×N:±5%、スパン≦2MHz×N:±1%

掃引時間

範囲

スパン=0Hz 50µs~6000s
スパン±100Hz 分解能帯域幅≧300Hz 50ms~2000s
スパン±100Hz 分解能帯域幅≦100Hz 50ms~100ks

確度(スパン=0Hz)

掃引時間≧30ms ±1%(ディジタイズしたトレース・データ)
掃引時間<30ms ±0.1%(ディジタイズしたトレース・データ)
掃引トリガ 遅延、フリーラン、シングル、ライン、ビデオ、外部

分解能帯域幅(RBW)

範囲(-3dB)
オプション856xEC-103
1Hz~1MHz(1、3、10シーケンス、2MHz(3MHz、-6dB)
10Hz~1MHz(1、3、10シーケンス、2MHz(3MHz、-6dB)
確度 1Hz~300kHz
1MHz
2MHz
±10%
±25%
+50%、-25%
選択度(-60dB/-3dB帯域幅比)分解能帯域幅≧300Hz
分解能帯域幅≦100Hz
<15:1
<5:1
ビデオ帯域幅範囲 1Hz~3MHz(1、3、10シーケンスで)

ノイズ・サイドバンド(次項「1dB利得圧縮」の図1を参照)

中心周波数≦1GHz

オフセット オプション856xEC-103
100Hz ≦-88dBc/Hz ≦-70dBc/Hz
1kHz ≦-97dBc/Hz ≦-90dBc/Hz
10kHz ≦-113dBc/Hz ≦-113dBc/Hz
30kHz ≦-113dBc/Hz ≦-113dBc/Hz
100kHz ≦-117dBc/Hz ≦-117dBc/Hz


残留FM

(ゼロ・スパン、10Hz分解能帯域幅) <1Hz p-p×N (20msで)
<0.25Hz p-p×N(20msで、公称値)
オプション856xEC-103  <10Hz p-p×N(20msで)

 

振幅仕様

範囲

:表示平均ノイズ・レベル(DANL)~+30dBm

最大安全入力レベル

平均連続パワー +30dBm(1W、入力アッテネータ≧10dB)
ピーク・パルス・パワー
(≦10msパルス幅、<1%デューティ・サイクル)
+50dBm(100W、入力アッテネータ≧30dB)

最大DC入力電圧

DC結合 ±0.2Vdc
AC結合 ±50Vdc

表示平均ノイズ・レベル(DANL)(下図2を参照)

(0dBアッテネータ、1Hz分解能帯域幅)

8560EC 8561EC 8562EC 8563EC 8564EC、8565EC
30Hz ≦-90dBm ≦-90dBm ≦-90dBm ≦-90dBm ≦-90dBm
1kHz ≦-105dBm ≦-105dBm ≦-105dBm ≦-105dBm ≦-105dBm
10kHz ≦-120dBm ≦-120dBm ≦-120dBm ≦-120dBm ≦-120dBm
100kHz ≦-120dBm ≦-120dBm ≦-120dBm ≦-120dBm ≦-120dBm
1MHz~10MHz ≦-140dBm ≦-140dBm ≦-140dBm ≦-140dBm ≦-140dBm
10MHz~2.9GHz ≦-151dBm ≦-145dBm ≦-151dBm ≦-149dBm ≦-145dBm
2.9GHz~6.46GHz ≦-145dBm ≦-148dBm ≦-148dBm ≦-147dBm
6.46GHz~13.2GHz ≦-145dBm ≦-145dBm ≦-143dBm
13.2GHz~22.0GHz ≦-140dBm ≦-140dBm
22.0GHz~26.8GHz ≦-139dBm ≦-136dBm
26.8GHz~31.15GHz ≦-139dBm
31.15GHz~40GHz ≦-130dBm
40GHz~50GHz ≦-127dBm

1dB利得圧縮

ミキサにおける最大パワー=入力パワー(dBm)-入力アッテネータ(dB)

10MHz~2.9GHz -5dBm
2.9GHz~6.46GHz  +0dBm
6.46GHz~26.8GHz -3dBm
26.8GHz~50GHz +0dBm(公称値)

オフセット図1

オフセット図2

ダイナミック・レンジ(図3を参照)

圧縮対雑音

8560EC 8561EC 8562EC 8563EC 8564EC、8565EC
10MHz~2.9GHz >146dB >140dB >146dB >144dB >145dB
2.9GHz~6.46GHz >142dB >148dB >148dB >147dB
6.46GHz~13.2GHz >142dB >142dB >140dB
13.2GHz~22.0GHz >137dB >137dB
22.0GHz~26.8GHz >136dB >133dB
26.8GHz~31.15GHz >139dB
31.15GHz~40GHz >130dB
40GHz~50GHz >127dB

信号対歪み(高周波)

8560EC 8561EC 8562EC 8563EC 8564EC、8565EC
20MHz~1.45GHz >95dB >88.5dB >95dB >94dB >92dB
1.45GHz~2GHz >98.5dB >111.5dB >111.5dB >111dB
2GHz~3.25GHz  >119dB >119dB >119dB >113.5dB
3.25GHz~6.6GHz >117.5dB >117.5dB >111.5dB
6.6GHz~11GHz >115dB >110dB
11GHz~13.4GHz >114.5dB >108dB
13.4GHz~15.6GHz >109.5dB
15.6GHz~20GHz >105dB
20GHz~25GHz >103.5dB

相互変調

8560EC 8561EC 8562EC 8563EC 8564EC、8565EC
10MHz~2.9GHz >108dB >103dB >108dB >107dB >104dB
2.9GHz~6.46GHz >107dB >108.5dB >108.5dB >108dB
6.46GHz~13.2GHz >101.5dB >101.5dB >100dB
13.2GHz~22.0GHz >98dB >98dB
22.0GHz~26.8GHz >97.5dB >95.5dB
26.8GHz~31.15GHz >101dB(公称値)
31.15GHz~40GHz >95dB(公称値)
40GHz~50GHz >93dB(公称値)

ダイナミックレンジ図3

スプリアス応答

一般的なスプリアス応答

(ミキサ・レベル-40dBm) <(-75+20×logN)dBc

2次高調波歪み

入力信号 ミキサ・レベル 歪み SHI
20MHz~1.45GHz -40dBm  ≦-79dBc +39dBm
1.45GHz~2GHz -10dBm ≦-85dBc +75dBm
2GHz~13.25GHz(8562E、8563E) -10dBm ≦-100dBc +90dBm
2GHz~13.25GHz(8564E、8565E) -10dBm  ≦-90dBc +80dBm
13.25GHz~25GHz -10dBm ≦-90dBc +80dBm

3次相互変調歪み

(2つの-30dBm信号、≧1kHz間隔)

ミキサ・レベル 歪み TOI
20MHz~2.9GHz 各-30dBm ≦-82dBc +11dBm
2.9GHz~6.46GHz 各-30dBm ≦-90dBc +15dBm
6.46GHz~26.8GHz 各-30dBm ≦-75dBc +7.5dBm
26.8GHz~50GHz 各-30dBm ≦-85dBc(公称値) +12.5dBm(公称値)

イメージ応答

ミキサ・レベル 歪み
10MHz~26.8GHz -10dBm -80dBc
26.8GHz~50GHz -30dBm -60dBc

マルチ応答と帯域外応答

ミキサ・レベル 歪み
10MHz~26.8GHz -10dBm -80dBc
26.8GHz~50GHz -30dBm -55dBc

残留応答

:≦-90dBm、200kHz~6.46GHzの範囲、入力信号なし、0dBの入力アッテネータ

表示範囲

表示領域 カラー・ディスプレイ、約9.6cm(縦)×13cm(横)
スケール校正 10×10div
ログ・スケール 10、5、2、1dB/div
リニア・スケール divあたり、基準レベルの10%

スケール忠実度

ステップ 最大
ログ・レンジ 0~-90dB 0~-90dB
分解能帯域幅≧300Hz ±0.1dB/dB ±0.85dB
分解能帯域幅≦100Hz ±0.2dB/2dB ±0.85dB
リニア・レンジ 基準レベルの±3%

基準レベル範囲

ログ、0.1dBステップで調整可能

30Hz~31.15GHz -120~+30dBm
31.15GHz~50GHz -115~+30dBm

リニア、1%ステップで調整可能

30Hz~31.15GHz  2.2mV~7.07V
31.15GHz~50GHz 3.98mV~7.07V

周波数応答(dB単位、10dBの入力アッテネータ、DC結合)

相対値/相対値(代表値)/絶対値2/絶対値(代表値)

8560EC 8561EC 8562EC 8563EC 8564EC、8565EC
100MHz~2GHz 0.7/0.7/-/- 1.0/0.7/1.75/1.0 0.9/0.8/-/- 1.0/0.8/-/- 0.9/0.8/-/-
30Hz1~2.9GHz 1/0.8/1.5/1.0 1.5/1.1/2.5/1.5 1.25/0.8/1.8/1.0 1.25/0.8/1.8/1.0 1.0/0.8/1.5/1.0
2.9GHz~6.46GHz 1.5/1.1/2.5/1.5 1.5/1.0/2.4/1.5 1.7/1.4/2.6/1.8
6.46~13.2GHz 2.2/1.5/2.9/2.0 2.2/1.5/2.9/2.0 2.6/2.2/3.0/2.8
13.2~22GHz 2.5/1.5/4.0/2.5 2.5/2.5/4.0/3.5
22~26.8GHz 3.3/2.2/4.0/2.5 3.3/2.2/4.5/4.0
26.8~31.15GHz 3.1/2.9/4.0/3.0
31.15GHz~40GHz(8564EC) 2.6/2.4/4.0/3.2
31.15GHz~50GHz(8565EC) 3.2/3.0/4.0/4.0

バンド・スイッチングの不確かさ

:±1dB(複数のバンドに渡る場合は相対周波数応答に加算)

キャリブレータ出力

:300MHz×(1±周波数基準確度)、-10dBm±0.3dBで

入力アッテネータ

スイッチングの不確かさ(10dBアッテネータを基準)

30Hz~2.9GHz(入力アッテネータを20~70dBに設定した場合):

±0.6dB/10dBステップ、1.8dB(最大)

再現性±0.1dB(公称値)

IF利得の不確かさ

:±1dB(基準レベル0~-80dBm、入力アッテネータ10dB)

IFアライメントの不確かさ

:±0.5dB(300Hzの分解能帯域幅を使用した場合にのみ不確かさが増加)

分解能帯域幅スイッチングの不確かさ

:±0.5dB(300kHzの分解能帯域幅を基準)

パルス量子化の不確かさ

(パルス応答モード、PRF>720/掃引時間)

ログ リニア
分解能帯域幅≦1MHz <1.25dB p-p 基準レベルの<4%
分解能帯域幅=2MHz <3dB p-p 基準レベルの<12%
標準偏差(分解能帯域幅<1MHz) <0.2dB(公称値)

タイム・ゲーティッド・スペクトラム解析

ゲート遅延 エッジ・モード レベル・モード
範囲 3µs~65.535ms ≦0.5µs
分解能 1µs
確度 ±1µs

(ゲート・トリガ入力からゲート出力の正のエッジまで)

ゲート幅 エッジ・モード
範囲 1µs~65.535ms
分解能 1µs
確度 ±1µs

(ゲート出力の正のエッジから負のエッジまで)

遅延掃引

トリガ・モード フリーラン、ライン、外部、ビデオ

範囲

掃引時間<30ms -9.9ms~+65.535ms
掃引時間≧30ms +2µs~+65.535ms
分解能 1µs
確度 ±1µs

復調

スペクトラム復調

変調方式 AMおよびFM
オーディオ出力 スピーカーおよびボリューム付き電話用ジャック
マーカ休止時間 100ms~60s(公称値)

入力/出力

(すべて公称値)

フロント・パネル・コネクタ

RF入力

8560EC、8561EC、8562EC、8563EC N型(メス)、50Ω
(オプション856xEC-026、8563ECのみ) APC 3.5mm(オス)、50Ω
8564EC、8565EC APC 2.4mm(オス)、50Ω

VSWR(≧10dBアッテネータ)

30Hz~2.9GHz <1.5:1dB
2.9GHz~50GHz <2.3:1dB
LO放射レベル(平均、10dBアッテネータ付き) ≦-80dBm
IF入力 SMA(メス)、50Ω
周波数 310.7MHz
フル画面レベル -30dBm
利得圧縮 -23dB
1st LO出力 SMA(メス)、50Ω
周波数 3.000~6.8107GHz
振幅 +16.5dBm ±2.0dB
Cal出力 BNC(メス)、50Ω
プローブ・パワー +15Vdc、-12.6Vdc、Gnd(すべて最大150mA)

リアパネル・コネクタ

イヤホン サブミニチュア・モノ・ジャック、0.2W(4Ω終端)
10MHz基準入出力 BNC(メス)、50Ω
出力周波数確度 ±(10MHz×周波数基準確度)
出力振幅 0dBm
入力振幅 -2~+10dBm
ビデオ出力 BNC、50Ω
振幅(分解能帯域幅≧300Hz) 0~+1Vフル・スケール

LO掃引周波数のアナログ電圧出力

(フロント・パネルからLO掃引またはV/GHz関数を選択可能、BNCメス、120Ω)

LO掃引出力 0~10V(負荷なし)
周波数アナログ電圧出力(内部ミキサ・モード) スタート/ストップ周波数に比例した出力ランプ電圧
伝達関数:0.5V/GHz
0.5V/GHz出力(外部ミキサ・モード) LO周波数に比例した出力ランプ電圧:(LO=3~6.8107GHz)
伝達関数:(1.5V/GHz×LO周波数(GHz)-0.2054)±50mV(代表値)

ブランキング/ゲート

出力 BNC(メス)、50Ω

 

ブランキング・モード

掃引中 ローTTLレベル
再トレース中 ハイTTLレベル

ゲート・モード

ゲート・オン ハイTTLレベル
ゲート・オフ ローTTLレベル

外部/ゲート

トリガ入力 BNC(メス)、>10kΩ
ハイTTLまたはローTTLに設定可能
GPIB IEEE-488バス・コネクタ
インタフェース機能 SH1、AH1、T6、L4、LE0、RL1、PP1、DC1、DT1、C1、C28、TE0、SR1
ダイレクト・プリンタ出力 HP 3630A PaintJetプリンタ、HP 2225A ThinkJetプリンタをサポート
ダイレクト・プロッタ出力 HP 7225A/7440A/7470A/7475A/7550Aをサポート

オプション

オプション856xEC-001の第2 IF出力

(すべて公称値)

変換利得 8560EC 8561EC 8562EC 8563EC 8564EC、8565EC
30Hz~2.9GHz >25MHz
24dB
1.2dB
>25MHz
25dB
-6.5dB
>25dB
20dB
20dB
>25MHz
25dB
-1.2dB
>25MHz
28dB
28dB
2.9GHz~6.5GHz >30MHz
26dB
-1dB
>30MHz
22dB
-3dB
>30MHz
22dB
-1dB
>30MHz
23dB
-1dB
6.5GHz~13.2GHz >37MHz
26dB
-5.7dB
>37MHz
26dB
-5.7dB
>37MHz
28dB
-5.7dB
13.2GHz~22GHz >45MHz
30dB
-8dB
>45MHz
32dB
-8dB
22GHz~26.8GHz >45MHz
32dB
-8dB
>45MHz
35dB
-8dB
26.8GHz~31.15GHz >25MHz
28dB
-9dB
31.15GHz~40GHz >25MHz
38dB
-19dB
40GHz~50GHz >25MHz
42dB
-23dB

オプション856xEC-002内蔵トラッキング・ジェネレータ

周波数仕様

周波数レンジ 300kHz~2.9GHz

確度

ピーク後 ±(周波数基準の確度×同調周波数+5%×スパン+295Hz)
トラッキング・ドリフト(公称値) 5分間のウォームアップ後に1kHzの分解能帯域幅で使用可能。30分間のウォームアップ後に300Hzの分解能帯域幅で使用可能
最小分解能帯域幅 300Hz3

振幅仕様

出力レベル -10dBm~+1dBm
10dBm~+2.8dBm(代表値)
分解能 0.1dB

確度

バーニア ±0.20dB、最大±0.5dBm(25℃±10℃)
絶対 ±0.75dB
レベル・フラットネス ±2.0dB
実効ソースマッチ 1.92:1(公称値)
全絶対確度 ±3.25dB

スプリアス出力(+1dBmの出力パワーで)

高調波スプリアス -25dBc
非高調波スプリアス(300kHz~2.0GHz) -27dBc
非高調波スプリアス(2.0GHz~2.9GHz) -23dBc
LOフィードスルー -16dBm(3.9GHz~6.8GHz)
残留(RFパワー・オフ) -78dBm(300kHz~2.9GHz)

ダイナミック・レンジ

TGフィードスルー

300kHz~1MHz -95dBm
1MHz~2.7GHz -115dBm
2.7GHz~2.9GHz -110dBm

ダイナミック・レンジ

300kHz~1MHz 96dB
1MHz~2.7GHz 116dB
2.7GHz~2.9GHz 111dB
パワー掃引 10dBレンジ、0.1dB分解能

入力/出力

RF出力(フロント・パネル) N型メス、50Ω(公称値)
最大安全逆電力 +30dBm、±30Vdc
外部ALC入力(リア・パネル) ネガティブ検波器でBNCメスを使用

環境仕様

校正間隔

8560EC、8561EC、8562EC、8563EC: 2年
8564EC、8565EC: 1年
ウォームアップ時間 5分間(環境条件で)
温度 0℃~+55℃(動作時);-40℃~+75℃(保存時)
湿度 95%(40℃で5日間)
防水性 16r/ h / 30cm2までの防滴
高度 4,500m(動作時)、15,000m(保管時)
バルス性衝撃(正弦波の半周期) 11ms間隔で30g
運送時の落下 20cmの落下(6面、8角)
EMC適合性 CISPR Pub.11(1990)準拠の伝導性/放射性妨害波
MIL-STD-461C、part 2に適合(一部例外あり)
電源条件 115Vac動作時:90~140Vrms、3.2Arms(最大)、47~440Hz
230Vac動作時:180~250Vrms、1.8Arms(最大)、47~66Hz

最大消費電力

8560EC、8561EC、8562EC、8563EC 180W
8564EC、8565EC 260W
音響雑音(公称値) 室温で<5.0ベル・パワー(ISO DP7779)
外形寸法(ハンドル、カバーなし) 337mm(幅)×187mm(高さ)×461mm(奥行)

質量(公称値)

8560EC、8561EC、8562EC、8563EC 16.5kg
8564EC、8565EC 17.3kg

 

8560ECシリーズ・スペクトラム・アナライザのデータシートはコチラからも確認できます。

中古計測器、測定器を売買したい会社様へ

当サイトはAnyble(エニブル)株式会社が運営しております。 法人間で中古計測器、測定器を直接売買できるプラットフォーム【Ekuipp(エクイップ)】を提供しております。 興味がある会社様はまずは資料請求ください。
ライター紹介
ライタープロフィール
Ekuipp Magazine編集部

法人間で中古計測器・測定器の売買を専門にしているプラットフォームEkuippが運営する、Ekuipp Magazineの編集部です。機材に関するあらゆる情報を発信していきます。

データシート
Ekuipp(エクイップ) Magazine
タイトルとURLをコピーしました