私の活用法

測定器、計測器の活用法、how to 記事、マメ知識、すぐに仕事に役立つノウハウを掲載します。

私の活用法

長さ、重さ、早さなどの基準はどのようにして決められているのか?いろいろな計測の根拠となる不動の原理

毎日の生活の中で普段何気なく使っている、様々な計測機器に表示される数値。数値の単位を決めているのはいったい誰で、基準には、何が存在するのでしょうか。そんな様々な単位の基本(基準)についてご紹介していきます。
私の活用法

100年先も同じ寸法であり続けるために!計測機器に求められる精度を維持するための特殊な熱処理とは?

寸法を正確に測るために計測器に求められるもの、それは、いつでも同じ精度で測定できること事です。計測器の年式の違いで計測寸法に差が出てしまっては、計測の正確性を確保することはできなくなってしまいます。一方で、金属は微量ながら年月の経過とともに組織に変化が起こり、それが原因で微妙に形が変化してしまいます。計測機器の経年変化はいったいどのようにして抑制されているかをご説明します。
私の活用法

見直される「官能試験」、精密計測が全盛の現代においてなぜ官能試験が重要なのか?

世界中で日々行われている工業製品の生産。その生産は年々高度になり求められる精度も日々向上し続けています。それに伴って世界中の計測機器メーカーはこぞって高性能な計測機器を開発し、販売しています。そうした各メーカーや製造現場のたゆまぬ努力により、現在では世界中の数多くの場所で生産した同一の製品を同一の品質を作り出すことに成功しました。「官能試験」は、各製造の現場において見直されている検査工程です。
私の活用法

寿命設計における故障解析の手順

「すぐに壊れた!」 お客様がそう感じてしまうことは、製造業にとって致命的です。今回は製品の寿命設計についてのお話です。...
私の活用法

営業マンは高性能計測器を欲しがっている!?

過渡吸収分光光度計は、物質の「励起状態」を観察する測定装置です。サンプルが励起光を吸収した、高エネルギー状態における電子状態や反応挙動を調べることができます。対象となるサンプルは有機分子、金属錯体、生体試料など多岐にわたります。励起状態の分子挙動は、物質の電子輸送能と密接に関連しているため、近年では光電気デバイス分野での研究には必須の装置となっております。
私の活用法

私の計測器、測定器活用法 – 組み込み系ソフトウェアと オシロスコープ

電気系のエンジニアであれば恐らくほとんどの方が使ったことがあるオシロスコープ。実はこのオシロスコープ、組み込み系ソフトウ...