ビジネス

ビジネス関連の記事。会社や事例の紹介など。

ビジネス

【製造業】工場閉鎖や廃業手続きについて 知っておくべきポイントとは?

本日の記事は、製造業の廃業についてです。 製造業の廃業は、他業種とどのような点で違うかご存じでしょうか。 「どんな手続きが必要なの?」 「注意すべきポイントは?」 「売却してしまうべき?」 など、疑問にお答えできる内容をポイントに沿ってまとめました。 <h2>やむを得ない事情で廃業すべきか悩んでいる…</h2> ・製造業を経営してきたが、人手不足で廃業を考えている。 ・家族で製造業を営んできたが、今後の後継者がいない。 近年はこのような理由から廃業を検討するケースが多いようです。 いざ廃業するとなると、複雑な法的書類の作成や提出が必要になります。 また工場の売却も必要になるため、相当の労力や手間がかかることは覚悟しなければなりません。特に工場の売却は、一般的にかなりの時間がかかることが知られています。 そのこともあって、製造業の廃業手続きは、他業種と比較しても相当に煩雑なのです。
ビジネス

理化学機器の買取業者4社を比較「Ekuipp(エクイップ)とどこが違うのか」

計測器、測定器、精密機器などの理化学機器は、製造現場のマザー・ツールと呼ばれることがあります。世界に冠たる日本のモノづくりは理化学機器が支えているといってよく、「母なる機器」という表現は決して大袈裟ではありません。 当社、Ekuipp株式会社は、工場や研究室が使わなくなった理化学機器を買い取り、販売する事業を展開しています。 中古であってもまだまだ現役で使える理化学機器を、リーズナブルな価格で市場に流通させる仕事は、厳しい競争にさらされている日本のモノづくり企業を陰で支える取り組みであると考えています。
ビジネス

【固定資産売却損って?】固定資産の定義をおさらい、処理方法のポイントを知っておきましょう!

本日の記事では、固定資産についておさらいすると共に、固定資産売却損についてまとめていきます。 「期中で固定資産を売却した場合はどうするか」などの疑問ポイントもおさえておきましょう! 固定資産とは、企業が営業していくために長く使用していく資産。 定義としては、「1年以上使用される資産」「1年以上先に回収や費用化される資産」であり、10万円以上の高額なものがこれに当たります。設備備品のほか、土地や建物も含みます。 有形固定資産/ 建物、機械、車、PCなど 無形固定資産/ ソフトウェア、商標権など そして、時の経過や使用劣化などにより価値が下がる固定資産を取得した時に、その取得費用を耐用年数に応じて費用計上する方法が減価償却です。決算の際には、その固定資産の価値がどれくらい減ったのかを見積もって費用計上するわけです。勘定科目=「減価償却費(費用)」となります。 ※土地については、使用によって価値が減少しないので減価償却の対象ではありません。
ビジネス

なぜ中古計測器、中古測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?2.「計測器・測定器って何?」

みなさん、こんにちは!Ekuipp(エクイップ)株式会社です。 今回より6回にわたるシリーズでお伝えする、「なぜ中古計測器・測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?」。第2回は「計測器・測定器って何?」です。
ビジネス

さまざまな楽器の”周波数”を測る! 楽器が奏でる”倍音”とは?

異なる楽器の音の違いはどのように測定できるのか。受音点での周波数の違いによる音圧レベルの変化を示す特性、伝送周波数特性に着目する。特定の周波数に対する”倍音”の影響について。
ビジネス

なぜ中古計測器・測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?1.「起業のきっかけは?」

みなさん、こんにちは!Ekuipp(エクイップ)株式会社です。 今回より6回にわたるシリーズでお伝えする、「なぜ中古計測器・測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?」。第1回は「なぜ起業したの?」です
ビジネス

野菜の鮮度を自動測定!ウォルマート社の取り組みとは?

食品廃棄を激減、食品ロス対策にも大幅貢献。米国ウォルマート社における新しい管理システムの導入によってなされた画期的な改革。社内エンジニアによる開発ツールで現場も消費者もメリット増。
ビジネス

計測機器の校正とは?

様々な検査や製造の場面で使用される計測機器ですが、どれだけ正確に測定をしたつもりでも計測機器そのものが狂ってしまっていたり、損傷してしまっていては正確な数値を把握することはできません。 言い換えれば、計測や測定とは計器の健全性は担保されていて初めて、正確なデータを得ることが出来ると言えます。 その為、様々な計器は「校正」と呼ばれる作業によって、その計器の健全性を確認しています。
ビジネス

ストラディバリなどヴァイオリン名器の”音色”を測定するには?

ストラディバリなどオールドヴァイオリンが名器と言われる所以。特別なヴァイオリンの音はどこが違うのか、客観的測定はどのようにできるのか紹介。 その違いを、”測定”により客観的に証明した例があります。
ビジネス

世界中に無数にある工業規格、その役割と歴史について

日本で製造される多くの工業製品や日用品などには、いわゆるJISマークの記載のあるものが多く存在します。これはその製品がJISの定める規定によって製造されていることを示すためのもので、このJISマークを使用するためには非常に厳しい審査や工程の管理が求められています。計測機器の製造やメンテナンス方法にも深くかかわりのある様々な工業規格についてご紹介します。
ビジネス

美術品は”現場で”測る!芸術遺産の修復保全に大活躍のFTIRとは?

美術品の修復保全に活用されているFTIRについて。ハンドヘルド型 FTIR 分光光度計の芸術分野での活用事例。
ビジネス

寸法だけでは製品は作れない、ものづくりの基本「幾何公差」とは?

加工の世界において寸法公差と同じくらい重要な公差である「幾何公差」は寸法公差では表すことのできない、整品の形状や他の場所との関係性を示した公差です。幾何公差の種類とその意味について詳しくご紹介していきます
ビジネス

適正な温度管理は計測の基本!温度や湿度による計測数値の変化について

2010年にスイスで起きた列車の脱線事故の原因とされているのが、連日続いた熱波の影響によるレールの変形です。金属をはじめ多くの物質は熱や湿度、その他さまざまな要因にって形状の変化や組織の変化が起こります。そうした外的要因と計測や測定といった作業は切っても切れない関係にあります。
ビジネス

初めて日本中を測量した男、伊能忠敬とは?

現代のように精密な計測機器やその方法が確立されていなかった江戸時代に、徒歩で日本中を回り日本地図を完成させてしまった男、伊能忠敬の作った地図は現代の精密な計測技術をもって作られた地図と比較しても遜色ないものでした。計器も何もない時代にどのようにして正確に日本の国土を計測することができたのか。人間が必要によって生み出した知恵の結集と現代にも通ずる新たな計測技術について、伊能忠敬を題材にお話ししていきます。
ビジネス

もっとも原始的な素材識別法?火花試験ってどんな試験?

現在では数多くの金属素材が開発され、1パーセントにも満たない元素の含有量の差によってその鋼種が事細かに分類されています。もちろん、そうした細かな鋼種の判別には「X線検査機」や「PMI検査機」などの特殊な検査器具が不可欠です。しかし、加工の現場においてもっと簡単に素材の特性を見分けることができる方法があります。それが今回ご紹介する「火花試験」と呼ばれる素材判別試験です。
ビジネス

時間計測のスペシャリストとしての称号!オリンピックの記録を計測するオフィシャルタイムキーパーとは?

いよいよ来年に迫った2020年東京オリンピック。各所で様々なイベントが開催されるなど徐々に盛り上がりを見せています。オリンピックの記録を計測する、時間計測の中でももっとも厳格さを問われる時間計測の一つ、オリンピックのオフィシャルタイムキーパーについてお話します。
ビジネス

特殊材の溶接技術から、溶接後の保証までを一貫してコーディネートする「タセト」とはどんな会社?

日本のものづくりの現場で欠かすことのできない様々な非破壊検査に使用する薬剤や試験資材を提供している会社が「タセト」です。非破壊検査は製品を破壊することなく、その製品の健全性を確認できることから近年では破壊検査以上に需要のある検査方法となっています。
ビジネス

測定器・計測器の基本となる原理を紹介 第二回「X線とは?」

現代の計測機器の多くは旧来のアナログ式の計測機器に比べデジタル方式を採用したことで飛躍的にその精度が高くなっています。しかし実はそこに応用されている技術は計測機器の種類や用途が変わっても、同じ技術が応用されていることもしばしばです。計測器だけはなく、日常生活の様々な場面で活躍する「X線」について詳しくご紹介していきます。
ビジネス

今や測るには欠かせない存在!?目には見えない!でも測れちゃう!超音波ってなに?

近年の計測機器の発達になくてはならなかった存在である超音波は、様々な計測機器に取り入れられています。目にも見えない存在である超音波がなぜ計測機器やその他多くの器機に採用されるのか、そもそも超音波とは一体どのようなものなのかについて詳しくご紹介していきます。
ビジネス

長さ、重さ、早さなどの基準はどのようにして決められているのか?いろいろな計測の根拠となる不動の原理

毎日の生活の中で普段何気なく使っている、様々な計測機器に表示される数値。数値の単位を決めているのはいったい誰で、基準には、何が存在するのでしょうか。そんな様々な単位の基本(基準)についてご紹介していきます。
ビジネス

100年先も同じ寸法であり続けるために!計測機器に求められる精度を維持するための特殊な熱処理とは?

寸法を正確に測るために計測器に求められるもの、それは、いつでも同じ精度で測定できること事です。計測器の年式の違いで計測寸法に差が出てしまっては、計測の正確性を確保することはできなくなってしまいます。一方で、金属は微量ながら年月の経過とともに組織に変化が起こり、それが原因で微妙に形が変化してしまいます。計測機器の経年変化はいったいどのようにして抑制されているかをご説明します。
ビジネス

求めるのは検査の中立性!なぜ今、第三者機関による検査が必要とされるのか?

「第三者機関立ち合い検査」こんな言葉をご存知でしょうか?近年の大企業によるデータの改ざん問題や、現場の知識レベルの低下、検査による合否判定の責任所在明確化などの理由で、第三者機関立ち合い検査は近年実施されることが増えています。
ビジネス

見直される「官能試験」、精密計測が全盛の現代においてなぜ官能試験が重要なのか?

世界中で日々行われている工業製品の生産。その生産は年々高度になり求められる精度も日々向上し続けています。それに伴って世界中の計測機器メーカーはこぞって高性能な計測機器を開発し、販売しています。そうした各メーカーや製造現場のたゆまぬ努力により、現在では世界中の数多くの場所で生産した同一の製品を同一の品質を作り出すことに成功しました。「官能試験」は、各製造の現場において見直されている検査工程です。
ビジネス

尾崎製作所の歴史はダイアルゲージの歴史!測るを支えるPEACOCKブランド

皆さんは尾崎製作所という会社をご存知でしょうか?では「PEACOCK」はどうでしょう?製造の現場でお仕事をされているかたなら、尾崎製作所には聞き覚えは無くても「PEACOCK」という名前は一度や二度は目にしたことがあるのではないでしょうか?今回はあまり知られていない尾崎製作所のお話と、尾崎製作所のメインブランドである「PEACOCK」についてご紹介していきます。
ビジネス

計るの常識を覆す、キーエンスの挑戦!

キーエンスという会社をご存氏でしょうか?最近では年末に発表される「所得の高い企業ランキング」などでたびたび取り上げられる為、名前だけは聞いたことがあるといった方も多いのではないでしょうか?そんな日本一の年収を誇るキーエンスはどんな会社なのかスポットを当ててご紹介します。
ビジネス

ミツトヨは計るを通じて社会貢献を目指す計測のリーディングカンパニー

「つくれるかどうかは、はかれるかどうかです」 これは、国内の計測機器メーカーとしては最大手のミツトヨが精密計測器開発のコンセプトとして掲げるスローガンです。羽田空港の出発・到着ロビーにも大きな広告と共に掲げられいます。 近年の工業製品に対する品質や制度の要求は厳しさを増すばかりで、その品質や精度要求にこたえるためには実際に製品を計測する精密計測機器は欠かせない存在となっています。
ビジネス

国際標準!?Si単位とは

私がまだ小さかった頃、天気予報で台風のニュースが放送されるとその大きさは現在の「ヘクトパスカル」ではなく「ミリバール」と表現されていました。どちらも圧力を示す単位で、数字も大差ありません。ではなぜ、現在の天気予報は旧来の「ミリバール」ではなく「ヘクトパスカル」という単位を使用しているのでしょうか?
ビジネス

三菱電機はどのようにして津波予測の精度を100倍にしたのか

大津波の恐怖は、2011年3月11日の東日本大震災によって「日本人のトラウマ」になっています。津波予測が強化され「大津波から逃げることはできる」と実感できれば、国民は安心できます。三菱電機株式会社が新しい津波監視支援技術を開発し、話題になっています。従来の測定方法では10%の誤検出がありましたが、それを0.1%以下に抑えました。つまり精度が100倍高まったのです。
ビジネス

足のサイズを測定して靴を買うと健康な人が増える

「買った靴のデザインは気に入っているけど、足にフィットしないから履く気になれない」 そのような靴は、誰でも一足は持って...
ビジネス

世界シェアナンバーワン企業! 村田製作所 とは

実装基板は、電子機器のポータビリティとともに小型化薄型化が進んできました。 私も家電メーカーにいた時に、実装基板上にセ...
ビジネス

レーザーダイオードの原理と各社の製品特徴

日常生活やビジネスシーンでほぼ毎日使っているのにあまり知られてない技術のひとつに、レーザーダイオード(以下、LD)があり...
ビジネス

AI天気予報は測定を不要にするのか

アメダスのデータを使うと、普通の雨だけでなく集中豪雨や暴風などを、しかも局地的に予報できます。それだけの能力を発揮できる...
ビジネス

発電所の「健康」も「体温測定」でわかる

機械は、いずれ必ず故障します。だからたくさんの機械を詰め込んでいる発電所や工場やプラントも、必ず故障による操業停止という...
ビジネス

全身測定「ゾゾスーツ」はファストファッションを変革する

株式会社スタートトゥデイが開発した「衣料用の全身採寸ボディースーツ」と聞いてもピンとこないかもしれません。 しかし、こ...
ビジネス

高画質モニタのパイオニア EIZO株式会社とは

「ナナオのモニタ」で知られているEIZOブランドは、いつの間にか社名も「EIZO株式会社」に変わっているのを最近遅ればせ...
ビジネス

ライティングのプロフェッショナル コイズミ照明とは

今回記事を執筆するにあたり「KOIZUMI」の名前は小さい頃から聞いたことあるなぁ、と思っていました。調べてみると「学習...
ビジネス

英語を話す力の測定はかなり難しい

日本人のイングリッシュスキルの低さがビジネスのグローバル化のウイークポイントになっているテーマは、いまだにリアルな課題に...
ビジネス

なぜ味を測定することが可能なのか

「好みの味」という言葉がありますが、これは味の本質を見事に表現しています。なぜなら「好み」という主観的な要素と、「味」と...
ビジネス

製造業を支える製造業!歴史ある油脂メーカー「日油株式会社」

製造業と一口に言っても、コンシューマー向けに作っている製品だけでなく、製造業のために作っている製品もあります。原材料メー...
ビジネス

「なるほど家電」で急成長! アイリスオーヤマのモノづくり視点

アイリスオーヤマといえば、押し入れ収納やペット用品をすぐ思い浮かべてしまうのですが、最近は「家電が使いやすい、すごい、欲...
ビジネス

「ニオイ」を測るビジネスが大盛況

世の中のあらゆる迷惑に「ハラスメント」がつけられる時代です。そしてとうとう、ニオイにもつけられてしまいました。そうです、...
ビジネス

おしりだって、洗ってほしい! ウォシュレットから半導体製造まで。TOTO株式会社

家や学校、公共施設など人が生活している場所には必ずトイレがあります。そこで目にする「TOTO」の文字。小さい頃からおなじ...
ビジネス

「真っ平」を目指せ。 平面をどう測定するか

工業製品ではしばしば「真っ平ら(まったいら)であること」が求められます。しかしあらゆる素材は熱や水分などによって影響を受...
ビジネス

国際計測器株式会社は「回る製品」 を測る

国際計測器株式会社は、試験計測装置メーカーです。本社は東京都多摩市にあります。 世の中のあらゆる工業製品は、回って動い...
ビジネス

世界の電子部品を支えるマザー ボード・イビデンの歴史と技術力

私が家電メーカーに勤めていた時、当時上司が言った「プリント基板は電子部品を支える“母なる大地(マザーボード)”だ。基板が...
ビジネス

職人が生み出した最高品質の鋳物 ホーロー鍋「バーミキュラ」を生んだ愛知ドビーとは

私の友人が数年前に「バーミキュラ買ったよ!」と教えてくれました。料理が好きな彼女は、バーミキュラが届くのを何ヶ月も待って...
ビジネス

日本の科学技術を振興する 日本電子株式会社(JEOL)

日本電子株式会社(JEOL)をご存知ですか?一般的にはあまり知られていませんが、製造業や大学ではとてもよく使われている分...
ビジネス

研磨剤のリーディングカンパニー: フジミインコーポレーテッドのご紹介

世界を支えるリーディングカンパニーは日本に数多くあります。その中でも、半導体製造を支えるフジミインコーポレーティッドにつ...
ビジネス

オムロンとタニタは血圧測定を社員に義務化!

最近の企業は、社員の健康にとても敏感になっています。社員に健康診断を受けさせることはもちろんのこと、さまざまな健康施策を...
ビジネス

計測のトレーサビリティがあると営業マンは動きやすい?

各種測定器は、それぞれの機器自体が厳密な測定ができるように、標準器によって、校正を行っています。これによって計測に関わる...
タイトルとURLをコピーしました