YuKi

データシート

テクトロニクス「MSO2000B・DPO2000Bシリーズ」オシロスコープ

オシロスコープ「MSO2000Bシリーズ」および「DPO2000Bシリーズ」について、主な機能や仕様について紹介しています。
計測器・測定器紹介

コイルテスターでコイルの性能チェック!効率的な開発を支援する測定器

コイルのレイヤーショートやコロナ放電の状態を確認するのは簡単ではありません。そこで、コイルテスターを利用すると効率的な場面があります。コイルテスターを使えばこうした絶縁不良の検知や、巻き数およびコアの違いによるインダクタンスの変化なども調べることができます。
計測器・測定器紹介

静脈認証センサの測定原理とその特徴

セキュリティ面、利便性の面においても優れるバイオメトリクス認証が近年注目されています。そのうちのひとつに静脈認証があります。静脈をセンサで読み取ることで認証を行いますが、ここではその仕組みや、実際の製品にはどのようなものがあるのか紹介していきます。
計測器・測定器紹介

照度計の基本的な原理や構造について解説

照度計(光量計)は光の強さを測定する測定器です。どのような原理で測定が行われているのかご存知でしょうか。ここでは簡単にその測定原理や、測定器の構造について説明していきます。そして、実際に流通している製品についても一部紹介していきます。
計測器・測定器紹介

指紋認証でセキュリティ対策!指紋を読み取るセンサーについて

認証方法として近年注目を浴びているのが生態認証です。そして生態認証のひとつに指紋を使った認証方式があり、その場合には指紋を読み取って解析できるセンサーが必要です。ここでは指紋認証の基礎からセンサーについてまで、紹介していきます。
計測器・測定器紹介

デジタル式湿度計の種類とそれぞれの特徴について

デジタル湿度計は主に電気抵抗の値から湿度を計算するタイプと、静電容量の値から読み取るタイプとに分かれます。アナログ式に比べて応答が早いなどの利点はありますが、測定器を選ぶ際にはそれぞれのメリット・デメリットを把握して判断するようにしましょう。
計測器・測定器紹介

測定器を振り回して湿度を計る!振り回し式乾湿計について

振り回し式乾湿計は計器本体を振り回すことで湿度の測定を行う、変わったタイプの測定器です。振り回して使う乾湿計を総称して言いますが、製品によって形状は様々です。ここでは振り回し式乾湿計の概要を説明し、実際にどのような製品があるのか紹介していきます。
計測器・測定器紹介

乾湿計の測定原理と使用上の注意

湿度の測定には乾湿計が利用できます。乾湿計では温度計が用いられており、この温度差から相対湿度が読み取れるようになっています。シンプルな測定器で、安く買うこともできますが、使用する上ではいくつかの注意点を押さえておくことが大切です。
計測器・測定器紹介

アスマン式通風乾湿計の特徴と製品の選び方

アスマン式通風乾湿計はモーターもしくはゼンマイによって通風させながら乾湿計の測定ができるという測定器です。シンプルな乾湿計に比べると価格も高くなりますが、その分正確な測定や、周辺環境の影響も受けにくくなるという利点があります。
計測器・測定器紹介

毛髪で湿度が測定できる!伸縮式湿度計を紹介

湿度計には電気式湿度計やバイメタル式湿度計など、いくつかの種類がありますが、人間の髪の毛を使った測定方式の湿度計もあります。これを「伸縮式湿度計」と呼び、毛髪を使ったものを特に毛髪湿度計などと呼んだりもします。伸縮式湿度計、特に毛髪を使ったタイプの湿度計についてここで解説します。
計測器・測定器紹介

無線LANの測定でトラブルシューティング

無線LANは有線LANより便利ですがトラブルが起こることも多く、特にWi-Fiが広く普及することで事件に巻き込まれる危険性も出てきています。無線LANやWi-Fiについては電波強度やその他様々な情報を調べて対処できることもあります。そこで、ここでは無線LANに関する測定器を紹介していきます。
計測器・測定器紹介

静電容量センサーで侵入者の検知ができる?測定の仕組みと実用例を紹介

静電容量センサーはコンデンサーの仕組みを応用させてセンサーとして活用したものです。静電容量の性質からセンサーとターゲットの距離を測定するだけでなく、様々な情報を読み取ることができ、利用場面の幅も広いです。静電容量センサーの仕組みを把握し、そしてどのような特徴があるのか解説します。
計測器・測定器紹介

渦電流センサーによる変位測定の特徴などを紹介

渦電流センサーは非接触でターゲットの変位を測定できる機器です。接触式のように損壊を起こすこともなく、適用環境も幅広いという特徴があります。しかしターゲットに渦電流を発生させることで測定しているため、ターゲットは主に金属に限られてきます。
計測器・測定器紹介

非接触で振動測定可能!レーザードップラー振動計について

振動計には種類がいくつかあり、それぞれに測定方法が異なります。レーザードップラー振動計の場合にはレーザー光のドップラー効果を応用して測定対象の振動を測定します。非接触で測定できるという特徴があり、安全かつ正確な測定ができます。
計測器・測定器紹介

圧電式振動計の特徴は?価格相場についても紹介

振動計が振動を検出するための方法にはいくつかあり、圧電式はよく採用される方式です。ここでは振動計の概要を解説し、圧電式で振動を検出する仕組みや、圧電式振動計の相場について紹介していきます。また、いくつかのメーカーを例に実際の製品を挙げていきます。
計測器・測定器紹介

精密騒音計が普通騒音計と違う点や具体的な使用例について解説

精密騒音計は普通騒音計よりもただ精度が高いというものではありません。音の性質やその他特徴を捉えることができ、使用場面も異なります。一般的な騒音計のようにハンディタイプのものもあれば大型の固定式のものまで様々あります。
計測器・測定器紹介

普通騒音計の原理や構造は?人気の製品についても紹介

普通騒音計は音の大きさを測定する機器で、これと似たものに精密騒音計があります。普通騒音計では誤差の許容値や温度特性、周波数特性などが精密騒音計よりも基準が緩やかに設計されています。主に環境を調べる際に使用され、価格には数万円から十数万円ほどの幅があります。
計測器・測定器紹介

一般的な圧力計の種類や主要メーカーについて

圧力計には測定原理や形状、性能などに応じて多くの種類があります。多くのメーカーも取扱っており手軽に入手できる測定器とも言えます。具体的にどのような分類がされ、どこに着目して選ぶ必要があるのでしょうか。
計測器・測定器紹介

レーザー水準器の特徴や製品の選び方について

レーザー水準器はレーザーの照射によって基準線を作り出すことができる水準器です。単に水平を示すだけでなく、他の物との位置関係を揃えられるようになるという利点があります。最もメジャーな気泡管水準器よりも効果になりますが、それでも比較的入手しやすい測定器です。
計測器・測定器紹介

気泡管水準器の特徴や製品の選び方について

気泡管水準器は、気泡管に封入された液体と気泡によって測定面が水平かどうか調べることのできる測定器です。とてもシンプルな構造で、安価に購入できるといった特徴があります。基本的に操作は簡単ですが感度が良いとその分慎重に測定する必要があり、求める精度に応じて製品を選ぶと良いでしょう。
計測器・測定器紹介

絶縁抵抗計の特徴や測定時の注意点

絶縁抵抗計は回路の絶縁抵抗を測定する機器です。テスターとは異なり高電圧をかけることができるため微弱な電流を流すことができています。安全検査をするために重要な測定器ですが、対象物を破壊してしまうこともあるため操作には注意が必要です。
計測器・測定器紹介

熱電対なら安価で制度の高い温度測定が可能

熱電対熱起電力を応用し温度測定をしています。工業の分野においてはよく使用されており、比較的安価で入手できることも特徴です。「K熱電対」など、金属線の材質によっていくつかの種類があり、それぞれに性能が異なるため用途に合ったものを選ぶようにしましょう。
計測器・測定器紹介

サーモグラフィーで非接触の温度測定

サーモグラフィーは非接触で温度測定ができるため安全面で優れています。ただし測定できるのは基本的に表面上の温度であるため、熱電対などと上手く使い分けていく必要があるでしょう。
計測器・測定器紹介

アナログ式とデジタル式で 異なるテスターの仕組みや主要 メーカーについて

テスターは電子工作をする際に必ずと言っていいほど必要になるものです。 オシロスコープなどの測定器と比べるとできることに...
計測器・測定器紹介

オシロスコープの基礎知識と製品の選び方について

オシロスコープは電気信号を可視化させ、電流や電圧など、電気的な性質を測るものです。 波形として確認できることで時間変化...