計測器・測定器紹介

距離を簡単に、正確に測れる計測器!ロードメジャーとは?

フルマラソンの走破距離である42.195Kmを計測する際は、巻き尺、測量のような装置や地図上での確認しているわけではなく、ロードメジャーという距離を正確に設定するために使われている計測機が用いられています。
計測器・測定器紹介

弾性のある素材の硬度を測る、デュロメーターをご紹介!

物体の硬さを測る計器を「硬度計」は、鋼材などの弾性のちいさな物質を測ることに長けた測定器で、ゴムなどのような弾性の大きな物体の硬度を測ることはできません。ゴムなどといった弾性に富む素材の硬度(硬さ)はデュロメーターで計測されます。
計測器・測定器紹介

白さを求めることで、見えてくる!?白色度計とはどんな計測器なのか?

ものの白さを把握・測定・数値化する測定器「白色度計」は、色彩計と呼ばれる部類の計測器の一種ですが、中でも白色を検知することに特化した計測器で、工業分野でも用いられることはあるものの、もっぱら主な用途は農業系での用途です。
計測器・測定器紹介

測定器・計測器の基本となる原理を紹介 第一回「赤外線とは?」

現代の計測機器の多くは旧来のアナログ式の計測機器に比べデジタル方式を採用したことで飛躍的にその精度が高くなっています。しかし実はそこに応用されている技術は計測機器の種類や用途が変わっても、同じ技術が応用されていることもしばしばです。計測器だけはなく、日常生活の様々な場面で活躍する「赤外線」について詳しくご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

柔らかい畑では大根が大きく育つ?土壌の硬度を把握して野菜に最適な状態を導く、土壌硬度計とは?

工業だけでなく、最近の近代化された農業の世界では様々な計測器が活躍の場を広げています。な農業の世界で活躍する計測器のうち、作物の育ちに大きく関係する土の硬さを計測する計器。「土壌硬度計」についてご紹介していきます。
ビジネス

今や測るには欠かせない存在!?目には見えない!でも測れちゃう!超音波ってなに?

近年の計測機器の発達になくてはならなかった存在である超音波は、様々な計測機器に取り入れられています。目にも見えない存在である超音波がなぜ計測機器やその他多くの器機に採用されるのか、そもそも超音波とは一体どのようなものなのかについて詳しくご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

測定器を振り回して湿度を計る!振り回し式乾湿計について

振り回し式乾湿計は計器本体を振り回すことで湿度の測定を行う、変わったタイプの測定器です。振り回して使う乾湿計を総称して言いますが、製品によって形状は様々です。ここでは振り回し式乾湿計の概要を説明し、実際にどのような製品があるのか紹介していきます。
計測器・測定器紹介

加圧と負圧の両方を一気に確認できる優れもの!連成計とはどんな計器なのか?

工業プラントなどでは機械が動いている間は加圧、機械が止まった瞬間に負圧になるといった配管が多数存在します。そうした配管の内部の圧力を把握する際に使用するのが、「連成計」です。加圧と負圧の両方を計測できる連成計は工業ブラントや圧力機械では欠かすことのできない計器です。連成計の仕組みや構造についてご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

欠陥発見のエキスパート!ピンホール検知器の仕組みとは?

コンクリートや鉄骨の溶接、そんな身近な製品の目に見えない欠陥を発見できる計器が「ピンホール検知器」です。見た目では分からない小さな欠陥を見つけ出すことは、その製品の良し悪しもちろん耐久年数の向上や直接的な強度の観察にも役立つ大切な作業です。そんな小さな欠陥の中でも、ピンホールに特化した検知器が「ピンホール検知器」と呼ばれる検知器です。
計測器・測定器紹介

塗装皮膜やメッキの厚さを計測!膜厚計の原理と仕組みをご紹介します

住宅の外壁や車のボディなど私たちの身近には、塗装やメッキなどの表面処理を施されたものが数多くあります。普段は何気なく見ているそれらの塗装やメッキですが、実は想像以上に厳密に管理されています。1年を通じて外気や天候にさらされる住宅の外壁塗装。見た目にはただ塗られているだけにも見えますが、実際には各住宅メーカーが様々な耐候試験などを経て導き出した、最適な膜厚を確保した塗装が施されています。そうした塗装の膜厚やメッキの厚さを計測できるのが、膜厚計です。
計測器・測定器紹介

粒度分布計について

ナノメートル(1億分の1m)からミリメートル(100分の1m)の粉体粒子径の分布を、粉のまま(乾式)あるいは液体中に分散させて(湿式)測定できるのが粒度分布計です。
ビジネス

長さ、重さ、早さなどの基準はどのようにして決められているのか?いろいろな計測の根拠となる不動の原理

毎日の生活の中で普段何気なく使っている、様々な計測機器に表示される数値。数値の単位を決めているのはいったい誰で、基準には、何が存在するのでしょうか。そんな様々な単位の基本(基準)についてご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

丸いゲージに課せられた使命!100年後も同じ寸法であるために!?

リングゲージは、製造の現場にはなくてはならない、寸法の基準を示していくれるとても大切なゲージです。計測の世界では日陰の存在であるリングゲージですが、実は他の計測機器以上に精巧に、精密に作られている事実はあまり知られていません。
データシート

テクトロニクス:周波数カウンタ/アナライザ(FCA3000/3100シリーズ)

テクトロニクス 周波数カウンタ/アナライザ(FCA3000/3100シリーズ)のデータシート要約。
計測器・測定器紹介

三点式内径マイクロメーターは万能なのか?ホールテストの使い方から注意点までをご紹介します!

穴の計測に特化して開発された計測器である「三点式内径マイクロメーター」通称「ホールテスト」についてご紹介します。穴の計測と言えばシンダーゲージやインサイドマイクロが一般的ですが、それらの計測器の欠点を補ってくれるホールテストについて、構造や計測の注意点までを詳しく説明します。
計測器・測定器紹介

様々な基準を体現する「原器」とは?原器は貴金属の塊?

「原器」、名前は聞いたことがあっても、実際に現物を確認したことのある方は非常に少ないはずです。「原器」は長さや重さの基準が、現在のように化学的・不変的に定義される前、長さや重さの基準として長い間用いられてきた、いわば見本のようなものです。測定・計測の根源にある基準と原器についてご紹介します。
計測器・測定器紹介

粒の大きさを分別!粒度分布測定装置の原型はふるい?なぜ粒の大きさを見分けることが重要なのか?

普段の生活の中ではまず気にすることの無い、小麦粉の粒子の大きさを懸命に見分け分類している測定器があります。それが「粒度分布測定装置」です。お米やゴマなどのように、目視で分類できるサイズの物はもちろん、目では見ることのできないナノレベルの粒子を見分け、観察することのできるこの測定器です。
ビジネス

100年先も同じ寸法であり続けるために!計測機器に求められる精度を維持するための特殊な熱処理とは?

寸法を正確に測るために計測器に求められるもの、それは、いつでも同じ精度で測定できること事です。計測器の年式の違いで計測寸法に差が出てしまっては、計測の正確性を確保することはできなくなってしまいます。一方で、金属は微量ながら年月の経過とともに組織に変化が起こり、それが原因で微妙に形が変化してしまいます。計測機器の経年変化はいったいどのようにして抑制されているかをご説明します。
計測器・測定器紹介

乾湿計の測定原理と使用上の注意

湿度の測定には乾湿計が利用できます。乾湿計では温度計が用いられており、この温度差から相対湿度が読み取れるようになっています。シンプルな測定器で、安く買うこともできますが、使用する上ではいくつかの注意点を押さえておくことが大切です。
ビジネス

求めるのは検査の中立性!なぜ今、第三者機関による検査が必要とされるのか?

「第三者機関立ち合い検査」こんな言葉をご存知でしょうか?近年の大企業によるデータの改ざん問題や、現場の知識レベルの低下、検査による合否判定の責任所在明確化などの理由で、第三者機関立ち合い検査は近年実施されることが増えています。
データシート

Agilent 53131A/132A/181Aカウンタ

Agilent 53131A/132A/181Aカウンタのデータシート要約。
計測器・測定器紹介

ネジ切削の必需品!有効径マイクロメーター別名ねじマイクロとは?

日常生活でもよく目にする「ねじ」。皆さんはこのねじに厳格な規格があることをご存知ですか?メートル規格やユニファイ規格といった規格の違いや、梯形ねじなどの形状の違いによってさまざまに分類されるねじ。そんなねじを加工する際に切っても切れない関係にあるのが今回ご紹介する「有効径マイクロメーター」です。
計測器・測定器紹介

夢の超特急は300Km/h! 新幹線の速度を実測する方法とは?

新幹線の時速はおよそ300Km/hです。では、新幹線が本当に時速300Kmで走行していることを証明するにはどのような計器をもちいればよいのでしょうか?誰もが一度は見たことのあるいろいろな物の速度を計測する装置「速度測定器」についてご紹介します。
計測器・測定器紹介

アスマン式通風乾湿計の特徴と製品の選び方

アスマン式通風乾湿計はモーターもしくはゼンマイによって通風させながら乾湿計の測定ができるという測定器です。シンプルな乾湿計に比べると価格も高くなりますが、その分正確な測定や、周辺環境の影響も受けにくくなるという利点があります。
ビジネス

見直される「官能試験」、精密計測が全盛の現代においてなぜ官能試験が重要なのか?

世界中で日々行われている工業製品の生産。その生産は年々高度になり求められる精度も日々向上し続けています。それに伴って世界中の計測機器メーカーはこぞって高性能な計測機器を開発し、販売しています。そうした各メーカーや製造現場のたゆまぬ努力により、現在では世界中の数多くの場所で生産した同一の製品を同一の品質を作り出すことに成功しました。「官能試験」は、各製造の現場において見直されている検査工程です。
ビジネス

尾崎製作所の歴史はダイアルゲージの歴史!測るを支えるPEACOCKブランド

皆さんは尾崎製作所という会社をご存知でしょうか?では「PEACOCK」はどうでしょう?製造の現場でお仕事をされているかたなら、尾崎製作所には聞き覚えは無くても「PEACOCK」という名前は一度や二度は目にしたことがあるのではないでしょうか?今回はあまり知られていない尾崎製作所のお話と、尾崎製作所のメインブランドである「PEACOCK」についてご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

X線探傷機ってどんな検査機?健康診断で撮影するレントゲンとは何か違いがある?

X線と聞くと放射能やレントゲンといった物をイメージされる方も多いと思います。また有害といったイメージもあるのではないでしょうか?「PMI検査機」にも使用されているX線についてのご説明も交えながら、非破壊検査としてのX線検査機についてご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

超音波探傷機とはどんな機械?超音波でわかる様々なことについてご紹介

皆さんは「超音波」という言葉を耳にした経験はありますか?音波と言えば何となくイメージができるから、その音波のスーパーな物?そんなイメージでしょうか?実は工業の世界では非常に身近な超音波について今回はご紹介していきます。超音波と音波の違いや超音波検査機によって何が分かるのか?などできるだけ詳しくご説明いたします。
計測器・測定器紹介

毛髪で湿度が測定できる!伸縮式湿度計を紹介

湿度計には電気式湿度計やバイメタル式湿度計など、いくつかの種類がありますが、人間の髪の毛を使った測定方式の湿度計もあります。これを「伸縮式湿度計」と呼び、毛髪を使ったものを特に毛髪湿度計などと呼んだりもします。伸縮式湿度計、特に毛髪を使ったタイプの湿度計についてここで解説します。
計測器・測定器紹介

シャルピー試験ってどんな試験?鋼材の衝撃に対する強さを評価するシャルピー試験機

金属に対して行われる様々な機械試験、その中でもちょっと異色な試験と言えるシャルピー試験と呼ばれる試験をご存知でしょうか?引っ張り試験=金属を引っ張る試験、硬度試験=金属の硬さを測る試験という具合に大抵の機械試験はその呼び名から試験内容を想像できます。今回は意外と知られていないシャルピー試験についてご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

測量とは地球を測る事!測量とは?

「測量」という言葉、聞いたことがあるという方も多いかと思います。では実際に測量という作業がどんなことをどのような器具で、どのようにして行われているかをご存知でしょうか? 工事現場や建築の件場でしばしば目にする、測量作業。今回はそんな測量について詳しくご紹介していきます。
計測器・測定器紹介

精密計測の基礎中の基礎、マイクロメーターの進化の歴史

製造の現場で、もっとも使用されることの多い計測器の代表といえば「ノギス」ではないでしょうか?しかし、計測の対象が百分の一ミリ単位までの精度を必要としている場合には、多くの場合ノギスでの計測結果を信用し検査成績書に寸法を記載する事をためらってしまうの方も多いはずです。そんな百分の一ミリ単位を正確に且つ、迅速に計測できる計測器ことが、今回ご紹介する「マイクロメーター」です。
計測器・測定器紹介

無線LANの測定でトラブルシューティング

無線LANは有線LANより便利ですがトラブルが起こることも多く、特にWi-Fiが広く普及することで事件に巻き込まれる危険性も出てきています。無線LANやWi-Fiについては電波強度やその他様々な情報を調べて対処できることもあります。そこで、ここでは無線LANに関する測定器を紹介していきます。
ビジネス

計るの常識を覆す、キーエンスの挑戦!

キーエンスという会社をご存氏でしょうか?最近では年末に発表される「所得の高い企業ランキング」などでたびたび取り上げられる為、名前だけは聞いたことがあるといった方も多いのではないでしょうか?そんな日本一の年収を誇るキーエンスはどんな会社なのかスポットを当ててご紹介します。
計測器・測定器紹介

ヘリウムディテクターってなに?なぜ真空装置はヘリウムで漏れを感知するのか?

実はヘリウムという気体は工業の分野では多方面で多く使用されています。その一つの用途が「リーク試験」です。聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言えば配下などから中身が漏れる危険性がないかなどを確認する試験です。その試験の場で活躍するのが、ヘリウムガスと今回ご紹介する「ヘリウムディテクター」と呼ばれる計測装置です。
計測器・測定器紹介

「姿勢」を計測すればバイクはより安全に走れる

車輪が2つしかついていないバイクは、走っていなければ倒れます。そこで注目されているのが、ドイツのバイク・自動車部品メーカーのボッシュが開発したIMUです。これはバイクの姿勢を計測する装置で「転倒しにくいバイク」づくりに欠かせない部品となっています。IMUがすごいのは、小型で軽量であることです。これだけ小さいと、バイクにも簡単に搭載できます。バイクは自動車に比べて車体が小さいので、大きな装置ではかえってバランスを崩してしまいます。それでボッシュも、IMUの小ささにはとてもこだわりました。
計測器・測定器紹介

もはや食感まで見える化?テクスチャーアナライザーとは?

硬さを表現は受け取る人の感性にゆだねられてしまっています。食品などの食感や味は少し前までは人間の感性に頼った表現が主流で、その感性を再現することに各メーカーは非常に苦労していました。味や食感といった人間の五感に訴えかける要素が、様々な新しい計器によって数値化されています。
計測器・測定器紹介

日本のモノづくりを支えるリニアスケール

物作りの現場でもっとも重要なことは、寸法を正確に測る事だといっても過言ではありません。しかし、その前提として製品が正確に加工されていることは欠かせません。そんな正確な加工を陰で支えるのが今回ご紹介する「リニアスケール」と呼ばれる装置です。 現在の自動加工機にはもちろん、昔ながらの汎用工作機でも欠かすことのできない存在となったリニアスケールとは一体どのような製品なのでしょうか?そしてどのような場面で使用されているのでしょうか?
計測器・測定器紹介

原理は影絵?直接計ることのできないものは投影機にお任せ!

さて、問題です。あなては仕事で米粒よりも小さな時計用の歯車の寸法を計測しなくてはならなくなりました。手元にはマイクロメーターとノギスがありますが、整品が小さすぎて使えません。そんな時あなたならどのような方法で、その製品の形状を正確に計測しますか? 今回は通常の計測機器が使えない小さく複雑な製品を正確に計測することのできる装置の一つ、投影機についてご紹介します。
計測器・測定器紹介

レーザー式測量計について

巻尺の代わりに使われているレーザー距離計を使うと、巻尺でもできる測定だけでなく、光のない暗い部屋で長さを測定できたり、巻尺では届かないような高い電柱の距離を測定できたりするため、非常に便利な計測機として活躍しています。
計測器・測定器紹介

透過型電子顕微鏡(TEM)について

TEMは非常に広い倍率をカバーする電子顕微鏡です。数100倍〜数100万倍の範囲で拡大でき、小さな倍率下では数10μmの細胞全体の様子が観察できます。その構造についての概要、TEM像以外に得られる分析情報、画像例、そしてメーカーや価格帯などについてご紹介したいと思います。
計測器・測定器紹介

静電容量センサーで侵入者の検知ができる?測定の仕組みと実用例を紹介

静電容量センサーはコンデンサーの仕組みを応用させてセンサーとして活用したものです。静電容量の性質からセンサーとターゲットの距離を測定するだけでなく、様々な情報を読み取ることができ、利用場面の幅も広いです。静電容量センサーの仕組みを把握し、そしてどのような特徴があるのか解説します。
ビジネス

ミツトヨは計るを通じて社会貢献を目指す計測のリーディングカンパニー

「つくれるかどうかは、はかれるかどうかです」 これは、国内の計測機器メーカーとしては最大手のミツトヨが精密計測器開発のコンセプトとして掲げるスローガンです。羽田空港の出発・到着ロビーにも大きな広告と共に掲げられいます。 近年の工業製品に対する品質や制度の要求は厳しさを増すばかりで、その品質や精度要求にこたえるためには実際に製品を計測する精密計測機器は欠かせない存在となっています。
計測器・測定器紹介

私たちの生活に不可欠な酸素を検出!酸素濃度計の用途と仕組みは?

人間にとってなくてはならない存在と言えば、水と空気と答える人も多いかと思います。水は、見た目でその存在や清廉性をある程度把握することが可能です。しかし、気体である酸素は見た目ではその存在の有無さえも確認することはできません。 今回は私たちの生命にとって必要不可欠な酸素にまつわる測定器機をご紹介します。
計測器・測定器紹介

脂肪燃焼度を計測すればダイエットのしやすさがわかるbyタニタ

毎日体重計に乗るだけでは消費エネルギーは増えませんが、毎日自分の体重を知ることで「やせなければならない」という気持ちが生まれ、それがダイエット行動のモチベーションになります。 タニタがさまざまな「ダイエットの計測」を開発するのも、健康には「測って知ること」が重要であることを理解しているからでしょう。
計測器・測定器紹介

ファンクションジェネレータの基礎知識と製品の選び方について

多様な信号波形を生成するファンクションジェネレータ(FG)はさまざまな分野の電子機器のテスト・設計・検査やシミュレーションなどに欠かせない装置です。DDS方式とは異なる方式によって、周波数帯域は大幅に拡大し、より高品位な信号を生成でき、また、より複雑な任意波形の生成をが可能になったハイエンドのモデルも登場しています。 このような機種は使いこなすのも結構、大変ですので、WEBサイトの動画を見て予習したり、メーカーの使い方セミナーに出席するのもいいかもしれません。
計測器・測定器紹介

液体でも気体でも、流れるものならなんでも計測!流量計あれこれ

家の水道を全開にあけると、一分間にいったいどのくらいの量の水が吐出しているか考えたことがありますか?また、一カ月にいったい何リットルの水を使っているかと気にしたことはありますか? 普段の生活では殆ど気にすることの無い水道水の量ですが、実際には常にどの程度の水を使用しているのかを監視している装置かあります。 それがこの度ご紹介する流量計です。
ビジネス

国際標準!?Si単位とは

私がまだ小さかった頃、天気予報で台風のニュースが放送されるとその大きさは現在の「ヘクトパスカル」ではなく「ミリバール」と表現されていました。どちらも圧力を示す単位で、数字も大差ありません。ではなぜ、現在の天気予報は旧来の「ミリバール」ではなく「ヘクトパスカル」という単位を使用しているのでしょうか?
計測器・測定器紹介

圧力測定のプロフェッショナル!ロードセルとは?

今回は「ロードセル」と呼ばれる聞きなれない計測機器についてご紹介します。聞きなれない計測機器ではありますが、実は私たちの生活に密接した重要な計器で縁の下の力持ちとして私たちの日々の生活を支えてくれています。
計測器・測定器紹介

金属の特性を硬さから読み取る!硬度計あれこれ! 金属編

金属加工の世界では加工する金属の硬さを正確に把握することは加工法案を決定するうえでも大変重要な情報です。ではそんな金属の硬さをどのようにして調べてどのように表現すれば万人に正しく伝わるのでしょうか? 今回は、そんな金属の硬さにまつわる測定器についてご紹介します。