計測器・測定器紹介

精密計測の基礎中の基礎、マイクロメーターの進化の歴史

製造の現場で、もっとも使用されることの多い計測器の代表といえば「ノギス」ではないでしょうか?しかし、計測の対象が百分の一ミリ単位までの精度を必要としている場合には、多くの場合ノギスでの計測結果を信用し検査成績書に寸法を記載する事をためらってしまうの方も多いはずです。そんな百分の一ミリ単位を正確に且つ、迅速に計測できる計測器ことが、今回ご紹介する「マイクロメーター」です。
計測器・測定器紹介

無線LANの測定でトラブルシューティング

無線LANは有線LANより便利ですがトラブルが起こることも多く、特にWi-Fiが広く普及することで事件に巻き込まれる危険性も出てきています。無線LANやWi-Fiについては電波強度やその他様々な情報を調べて対処できることもあります。そこで、ここでは無線LANに関する測定器を紹介していきます。
ビジネス

計るの常識を覆す、キーエンスの挑戦!

キーエンスという会社をご存氏でしょうか?最近では年末に発表される「所得の高い企業ランキング」などでたびたび取り上げられる為、名前だけは聞いたことがあるといった方も多いのではないでしょうか?そんな日本一の年収を誇るキーエンスはどんな会社なのかスポットを当ててご紹介します。
計測器・測定器紹介

ヘリウムディテクターってなに?なぜ真空装置はヘリウムで漏れを感知するのか?

実はヘリウムという気体は工業の分野では多方面で多く使用されています。その一つの用途が「リーク試験」です。聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に言えば配下などから中身が漏れる危険性がないかなどを確認する試験です。その試験の場で活躍するのが、ヘリウムガスと今回ご紹介する「ヘリウムディテクター」と呼ばれる計測装置です。
計測器・測定器紹介

「姿勢」を計測すればバイクはより安全に走れる

車輪が2つしかついていないバイクは、走っていなければ倒れます。そこで注目されているのが、ドイツのバイク・自動車部品メーカーのボッシュが開発したIMUです。これはバイクの姿勢を計測する装置で「転倒しにくいバイク」づくりに欠かせない部品となっています。IMUがすごいのは、小型で軽量であることです。これだけ小さいと、バイクにも簡単に搭載できます。バイクは自動車に比べて車体が小さいので、大きな装置ではかえってバランスを崩してしまいます。それでボッシュも、IMUの小ささにはとてもこだわりました。
計測器・測定器紹介

もはや食感まで見える化?テクスチャーアナライザーとは?

硬さを表現は受け取る人の感性にゆだねられてしまっています。食品などの食感や味は少し前までは人間の感性に頼った表現が主流で、その感性を再現することに各メーカーは非常に苦労していました。味や食感といった人間の五感に訴えかける要素が、様々な新しい計器によって数値化されています。
計測器・測定器紹介

日本のモノづくりを支えるリニアスケール

物作りの現場でもっとも重要なことは、寸法を正確に測る事だといっても過言ではありません。しかし、その前提として製品が正確に加工されていることは欠かせません。そんな正確な加工を陰で支えるのが今回ご紹介する「リニアスケール」と呼ばれる装置です。 現在の自動加工機にはもちろん、昔ながらの汎用工作機でも欠かすことのできない存在となったリニアスケールとは一体どのような製品なのでしょうか?そしてどのような場面で使用されているのでしょうか?
計測器・測定器紹介

原理は影絵?直接計ることのできないものは投影機にお任せ!

さて、問題です。あなては仕事で米粒よりも小さな時計用の歯車の寸法を計測しなくてはならなくなりました。手元にはマイクロメーターとノギスがありますが、整品が小さすぎて使えません。そんな時あなたならどのような方法で、その製品の形状を正確に計測しますか? 今回は通常の計測機器が使えない小さく複雑な製品を正確に計測することのできる装置の一つ、投影機についてご紹介します。
計測器・測定器紹介

レーザー式測量計について

巻尺の代わりに使われているレーザー距離計を使うと、巻尺でもできる測定だけでなく、光のない暗い部屋で長さを測定できたり、巻尺では届かないような高い電柱の距離を測定できたりするため、非常に便利な計測機として活躍しています。
計測器・測定器紹介

透過型電子顕微鏡(TEM)について

TEMは非常に広い倍率をカバーする電子顕微鏡です。数100倍〜数100万倍の範囲で拡大でき、小さな倍率下では数10μmの細胞全体の様子が観察できます。その構造についての概要、TEM像以外に得られる分析情報、画像例、そしてメーカーや価格帯などについてご紹介したいと思います。
計測器・測定器紹介

静電容量センサーで侵入者の検知ができる?測定の仕組みと実用例を紹介

静電容量センサーはコンデンサーの仕組みを応用させてセンサーとして活用したものです。静電容量の性質からセンサーとターゲットの距離を測定するだけでなく、様々な情報を読み取ることができ、利用場面の幅も広いです。静電容量センサーの仕組みを把握し、そしてどのような特徴があるのか解説します。
ビジネス

ミツトヨは計るを通じて社会貢献を目指す計測のリーディングカンパニー

「つくれるかどうかは、はかれるかどうかです」 これは、国内の計測機器メーカーとしては最大手のミツトヨが精密計測器開発のコンセプトとして掲げるスローガンです。羽田空港の出発・到着ロビーにも大きな広告と共に掲げられいます。 近年の工業製品に対する品質や制度の要求は厳しさを増すばかりで、その品質や精度要求にこたえるためには実際に製品を計測する精密計測機器は欠かせない存在となっています。
計測器・測定器紹介

私たちの生活に不可欠な酸素を検出!酸素濃度計の用途と仕組みは?

人間にとってなくてはならない存在と言えば、水と空気と答える人も多いかと思います。水は、見た目でその存在や清廉性をある程度把握することが可能です。しかし、気体である酸素は見た目ではその存在の有無さえも確認することはできません。 今回は私たちの生命にとって必要不可欠な酸素にまつわる測定器機をご紹介します。
計測器・測定器紹介

脂肪燃焼度を計測すればダイエットのしやすさがわかるbyタニタ

毎日体重計に乗るだけでは消費エネルギーは増えませんが、毎日自分の体重を知ることで「やせなければならない」という気持ちが生まれ、それがダイエット行動のモチベーションになります。 タニタがさまざまな「ダイエットの計測」を開発するのも、健康には「測って知ること」が重要であることを理解しているからでしょう。
計測器・測定器紹介

ファンクションジェネレータの基礎知識と製品の選び方について

多様な信号波形を生成するファンクションジェネレータ(FG)はさまざまな分野の電子機器のテスト・設計・検査やシミュレーションなどに欠かせない装置です。DDS方式とは異なる方式によって、周波数帯域は大幅に拡大し、より高品位な信号を生成でき、また、より複雑な任意波形の生成をが可能になったハイエンドのモデルも登場しています。 このような機種は使いこなすのも結構、大変ですので、WEBサイトの動画を見て予習したり、メーカーの使い方セミナーに出席するのもいいかもしれません。
計測器・測定器紹介

液体でも気体でも、流れるものならなんでも計測!流量計あれこれ

家の水道を全開にあけると、一分間にいったいどのくらいの量の水が吐出しているか考えたことがありますか?また、一カ月にいったい何リットルの水を使っているかと気にしたことはありますか? 普段の生活では殆ど気にすることの無い水道水の量ですが、実際には常にどの程度の水を使用しているのかを監視している装置かあります。 それがこの度ご紹介する流量計です。
ビジネス

国際標準!?Si単位とは

私がまだ小さかった頃、天気予報で台風のニュースが放送されるとその大きさは現在の「ヘクトパスカル」ではなく「ミリバール」と表現されていました。どちらも圧力を示す単位で、数字も大差ありません。ではなぜ、現在の天気予報は旧来の「ミリバール」ではなく「ヘクトパスカル」という単位を使用しているのでしょうか?
計測器・測定器紹介

圧力測定のプロフェッショナル!ロードセルとは?

今回は「ロードセル」と呼ばれる聞きなれない計測機器についてご紹介します。聞きなれない計測機器ではありますが、実は私たちの生活に密接した重要な計器で縁の下の力持ちとして私たちの日々の生活を支えてくれています。
計測器・測定器紹介

金属の特性を硬さから読み取る!硬度計あれこれ! 金属編

金属加工の世界では加工する金属の硬さを正確に把握することは加工法案を決定するうえでも大変重要な情報です。ではそんな金属の硬さをどのようにして調べてどのように表現すれば万人に正しく伝わるのでしょうか? 今回は、そんな金属の硬さにまつわる測定器についてご紹介します。
計測器・測定器紹介

縦・横・斜めの構成を測定 品物を立体的に計測できる三次元計測器

もの作りの現場では、3次元CADを代表とする製品を立体的に捉えた図面が主流となっており、それに伴い出来上がった製品の検査の際も平面方向の検査だけでなく3次元方向を意識した検査の体制が求められています。そうした要望に応えるべく開発されたのが三次元測定機です。
計測器・測定器紹介

空燃比計は計器ではない?

近年、化石資源の枯渇問題と大気汚染問題から日本国内でもハイブリッド自動車や電気自動車など低燃費に特化した自動車が注目を集めています。そんな低燃費自動車の開発と切っても切れない関係にあるのが今回ご紹介する空燃比計です。
計測器・測定器紹介

渦電流センサーによる変位測定の特徴などを紹介

渦電流センサーは非接触でターゲットの変位を測定できる機器です。接触式のように損壊を起こすこともなく、適用環境も幅広いという特徴があります。しかしターゲットに渦電流を発生させることで測定しているため、ターゲットは主に金属に限られてきます。
計測器・測定器紹介

フォトリソグラフィについて

フォトリソグラフィは、半導体基板上に電子回路の非常に微細なパターンを形成させる技術です。
ビジネス

三菱電機はどのようにして津波予測の精度を100倍にしたのか

大津波の恐怖は、2011年3月11日の東日本大震災によって「日本人のトラウマ」になっています。津波予測が強化され「大津波から逃げることはできる」と実感できれば、国民は安心できます。三菱電機株式会社が新しい津波監視支援技術を開発し、話題になっています。従来の測定方法では10%の誤検出がありましたが、それを0.1%以下に抑えました。つまり精度が100倍高まったのです。
計測器・測定器紹介

非接触で振動測定可能!レーザードップラー振動計について

振動計には種類がいくつかあり、それぞれに測定方法が異なります。レーザードップラー振動計の場合にはレーザー光のドップラー効果を応用して測定対象の振動を測定します。非接触で測定できるという特徴があり、安全かつ正確な測定ができます。
計測器・測定器紹介

これがないと病気になっても薬も飲めない?パーティクルカウンターとは?

普段はめったに目にすることの無いパーティクルカウンターですが、実際には私たちの生活を陰で支える様々なシーンで活躍しています。半導体・医薬品の製造工場から冷凍食品の冷凍冷蔵庫まで、目に見えない場所で活躍するパーティクルカウンターをご紹介します
計測器・測定器紹介

金属の成分までも丸裸?PMI検査装置の実力とは?

金属加工の現場において最も単純なミスでありながら、作り上げた製品を根底から否定することにもなりかねない、素材の取り違え。そんな、材料トラブルを未然防ぐ際に活躍してくれるのが「PMI検査装置(合金成分解析機)」です。普段は目に触れることのほとんどない計器ですが、現在の高度なものつくり環境においては無くてはならない存在です。
計測器・測定器紹介

つるつる?でこぼこ?いろいろな物の表面の凹凸を数値化!面粗さ測定器

面粗さ測定器はどうやって粗さを数値で表すのでしょうか?面粗さ計の仕組みや表現方法をご紹介します
計測器・測定器紹介

飛行機のエンジン組み立てを支える縁の下の力持ち!トルクレンチの重要性とは?

目覚ましい進化を遂げる現在の工業技術を陰ながらに支えている「ねじ」。その締結理論は100年以上前におおよそ確立されており、今日でもその理論に基づいて設計や組み立てが行われています。そんなねじやボルトを使った組立に欠かせないのが今回ご紹介する「トルクレンチ」です
計測器・測定器紹介

糖度計は実は甘さを計ってはいない??

スーパーやコンビニなどの青果コーナーで「糖度〇〇%」の表示を目にしたことのある方も多いかと思います。その糖度を計測しているのが糖度計と呼ばれる測定器で、デジタルタイプのものとアナログタイプのものがあります。目にする機会は少ないものの、実は私たちの暮らしに大きくかかわっている糖度計についてご紹介いたします。
計測器・測定器紹介

圧電式振動計の特徴は?価格相場についても紹介

振動計が振動を検出するための方法にはいくつかあり、圧電式はよく採用される方式です。ここでは振動計の概要を解説し、圧電式で振動を検出する仕組みや、圧電式振動計の相場について紹介していきます。また、いくつかのメーカーを例に実際の製品を挙げていきます。
計測器・測定器紹介

倉庫で活躍する「測定機器たち」

ビジネスで使われる倉庫は、単に製品や商品などの物品を置いておく場所ではありません。物品が「損なわれないように」保管するために監視コストがかかります。また、倉庫の利用効率は上げると物品の出し入れが困難になります。倉庫の利用効率と作業効率の両方を最適にするためには「測定」が欠かせません。倉庫のなかを正確に測ると、コストをかけずに倉庫の性能を高めることができます。
計測器・測定器紹介

金型の「ナノレベル」の誤差を測定するレーザ顕微鏡

最先端の金型づくりの現場では、ナノレベルでの調整が行われています。1ナノメートルの精度を出すには、1ナノメートルの違いを測定する機械が必要になります。レーザー顕微鏡を使用して金型の誤差を測定しています。
計測器・測定器紹介

精密騒音計が普通騒音計と違う点や具体的な使用例について解説

精密騒音計は普通騒音計よりもただ精度が高いというものではありません。音の性質やその他特徴を捉えることができ、使用場面も異なります。一般的な騒音計のようにハンディタイプのものもあれば大型の固定式のものまで様々あります。
計測器・測定器紹介

普通騒音計の原理や構造は?人気の製品についても紹介

普通騒音計は音の大きさを測定する機器で、これと似たものに精密騒音計があります。普通騒音計では誤差の許容値や温度特性、周波数特性などが精密騒音計よりも基準が緩やかに設計されています。主に環境を調べる際に使用され、価格には数万円から十数万円ほどの幅があります。
計測器・測定器紹介

一般的な圧力計の種類や主要メーカーについて

圧力計には測定原理や形状、性能などに応じて多くの種類があります。多くのメーカーも取扱っており手軽に入手できる測定器とも言えます。具体的にどのような分類がされ、どこに着目して選ぶ必要があるのでしょうか。
計測器・測定器紹介

光と超音波で微小血管を測定するアドバンテスト。皮膚がん予防、美白にも

計測機器メーカーの株式会社アドバンテストが、微小血管(毛細血管)の形と位置を測定する「in vivoイメージング技術」を...
計測器・測定器紹介

偽物の有名絵画も人類の起源も放射性炭素年代測定でわかる

なぜ1,000年前のものと2,000年前のものの区別がつくのでしょうか。それは放射性炭素を測定しているからです。 放射...
計測器・測定器紹介

交通量計測を自動化するクラウディアン

交通量計測というと、国道の脇の歩道でカウンター片手に自動車の数をかぞえる作業員の様子を思い浮かべるのではないでしょうか。...
計測器・測定器紹介

レーザー水準器の特徴や製品の選び方について

レーザー水準器はレーザーの照射によって基準線を作り出すことができる水準器です。単に水平を示すだけでなく、他の物との位置関係を揃えられるようになるという利点があります。最もメジャーな気泡管水準器よりも効果になりますが、それでも比較的入手しやすい測定器です。
計測器・測定器紹介

光学顕微鏡について

光学顕微鏡とは、可視光及び近傍の波長領域の光を利用した顕微鏡です。医学・生物学分野では各種細胞や血液などの観察・検査に使われたり、工業分野では各種材料の分析や検査に使われるなど、非常に幅広い分野で微小試料の観察に使われています。
計測器・測定器紹介

気泡管水準器の特徴や製品の選び方について

気泡管水準器は、気泡管に封入された液体と気泡によって測定面が水平かどうか調べることのできる測定器です。とてもシンプルな構造で、安価に購入できるといった特徴があります。基本的に操作は簡単ですが感度が良いとその分慎重に測定する必要があり、求める精度に応じて製品を選ぶと良いでしょう。
計測器・測定器紹介

電子天びん・はかりについて Part 2

1μg〜数10kgの範囲を測定できる「分析用電子天びん」、「電子天びん」と「電子はかり」について、各機種の特徴などを詳しくご紹介します。また特殊用途の天秤やはかりについても、様々な分野ごとに特化されたはかりがあることに着目します。より効率よく作業を進めるためには、ただ質量を計るだけでなく自分の目的に合う機種を選ぶのが良いでしょう。
計測器・測定器紹介

絶縁抵抗計の特徴や測定時の注意点

絶縁抵抗計は回路の絶縁抵抗を測定する機器です。テスターとは異なり高電圧をかけることができるため微弱な電流を流すことができています。安全検査をするために重要な測定器ですが、対象物を破壊してしまうこともあるため操作には注意が必要です。
計測器・測定器紹介

デジタルマイクロスコープについて

「顕微鏡」のことを英語でいうと「マイクロスコープ」ですが、測定器としての「マイクロスコープ」とは、接眼レンズの部分がデジタルカメラであり、モニターで拡大像を観ることができる光学顕微鏡のことを意味します。このような特徴を持つ「マイクロスコープ」のことを、単なる「顕微鏡」と区別するために、ここでは「デジタルマイクロスコープ」と呼ぶことにします。製品によっては「デジタル顕微鏡」と呼ばれる場合もあります。
計測器・測定器紹介

熱電対なら安価で制度の高い温度測定が可能

熱電対熱起電力を応用し温度測定をしています。工業の分野においてはよく使用されており、比較的安価で入手できることも特徴です。「K熱電対」など、金属線の材質によっていくつかの種類があり、それぞれに性能が異なるため用途に合ったものを選ぶようにしましょう。
計測器・測定器紹介

サーモグラフィーで非接触の温度測定

サーモグラフィーは非接触で温度測定ができるため安全面で優れています。ただし測定できるのは基本的に表面上の温度であるため、熱電対などと上手く使い分けていく必要があるでしょう。
計測器・測定器紹介

ユニバーサルカウンタの基礎知識と製品の選び方について

「ユニバーサルカウンタ」は電気信号の周波数や時間を測定するものです。電気信号に関連するさまざまなパラメータも計測します。そして、これらの測定結果を人間の目で見られるようにデジタル表示します。さまざまな産業の製造・検査ラインや研究開発、教育現場などで広く使われてきました。
計測器・測定器紹介

蛍光寿命測定装置

蛍光寿命測定装置は、その名の通り物質の蛍光やりん光の寿命を測定するための装置です。蛍光およびりん光寿命を測定することで、物質の「励起状態挙動」を解釈するために極めて重要な情報を得ることができます。最近では装置の性能の向上と共に、研究開発分野での需要が急速に高まっています。
環境

【環境省の測定2】有害大気汚染物質はこう測る

「大気汚染」と聞くと、中国などの新興国を思い浮かべるかもしれませんが、日本もほんの数十年前まで空気の尋常ではない汚れに悩まされていました。先進国でも、大気汚染問題を解決することは出来ておらず、「空気をきれいにすること」は難題です。日本の環境省も常に有害大気汚染物質には目を光らせています。