計測器・工作機械・分析機器紹介

プレス機械ってどんなもの? 加工の仕組みや種類についておさらいしましょう

本日の記事では、プレス機械についてまとめていきます。 今世紀、さまざまな分野で省資源・省エネルギーの「地球にもやさしい」技術として 注目されているプレス加工。世界に誇れる日本の高い技術でもあります。 そんなプレス加工を行うプレス機械の概要や仕組みについて、 おさらいしていきましょう。
計測器・工作機械・分析機器紹介

多種多用の旋盤を一気紹介「汎用、CNC、タレット、複合、卓上、正面」

旋盤は、材料を回転させて、それに刃を当てて形をつくる機械です。 旋盤で加工すると「マイクロメートル」レベルの精度を...
計測器・工作機械・分析機器紹介

フライス盤とは? 基本構成や種類を知っておこう!

フライス盤とはどんな機械なのでしょうか?基本的な定義や歴史から、その多様な種類まで、本記事で概要をまとめました。
計測器・工作機械・分析機器紹介

旋盤はどのように金属を加工するのか、メリットとデメリットを解説

旋盤は、金属を加工する機械です。加工する金属を高速回転させて、そこに刃を当てて削ることで、部品などの形にしていきます...
ビジネス

【製造業】工場閉鎖や廃業手続きについて 知っておくべきポイントとは?

本日の記事は、製造業の廃業についてです。 製造業の廃業は、他業種とどのような点で違うかご存じでしょうか。 「どんな手続きが必要なの?」 「注意すべきポイントは?」 「売却してしまうべき?」 など、疑問にお答えできる内容をポイントに沿ってまとめました。 <h2>やむを得ない事情で廃業すべきか悩んでいる…</h2> ・製造業を経営してきたが、人手不足で廃業を考えている。 ・家族で製造業を営んできたが、今後の後継者がいない。 近年はこのような理由から廃業を検討するケースが多いようです。 いざ廃業するとなると、複雑な法的書類の作成や提出が必要になります。 また工場の売却も必要になるため、相当の労力や手間がかかることは覚悟しなければなりません。特に工場の売却は、一般的にかなりの時間がかかることが知られています。 そのこともあって、製造業の廃業手続きは、他業種と比較しても相当に煩雑なのです。
データシート

岩崎通信機「SS-7821A_7811A7_810A」オシロスコープ

ここではアナログ・オシロスコープ「SS-7821A/SS-7811A/SS-7810A」の性能等について、その仕様を紹介しています。
ビジネス

理化学機器の買取業者4社を比較「Ekuipp(エクイップ)とどこが違うのか」

計測器、測定器、精密機器などの理化学機器は、製造現場のマザー・ツールと呼ばれることがあります。世界に冠たる日本のモノづくりは理化学機器が支えているといってよく、「母なる機器」という表現は決して大袈裟ではありません。 当社、Ekuipp株式会社は、工場や研究室が使わなくなった理化学機器を買い取り、販売する事業を展開しています。 中古であってもまだまだ現役で使える理化学機器を、リーズナブルな価格で市場に流通させる仕事は、厳しい競争にさらされている日本のモノづくり企業を陰で支える取り組みであると考えています。
データシート

Keysight「Infiniium8000シリーズ」オシロスコープ

Keysightのオシロスコープ「Infiniium8000シリーズ」について紹介しています。基本的な性能や特徴、仕様について詳細に記載しております。
ビジネス

【固定資産売却損って?】固定資産の定義をおさらい、処理方法のポイントを知っておきましょう!

本日の記事では、固定資産についておさらいすると共に、固定資産売却損についてまとめていきます。 「期中で固定資産を売却した場合はどうするか」などの疑問ポイントもおさえておきましょう! 固定資産とは、企業が営業していくために長く使用していく資産。 定義としては、「1年以上使用される資産」「1年以上先に回収や費用化される資産」であり、10万円以上の高額なものがこれに当たります。設備備品のほか、土地や建物も含みます。 有形固定資産/ 建物、機械、車、PCなど 無形固定資産/ ソフトウェア、商標権など そして、時の経過や使用劣化などにより価値が下がる固定資産を取得した時に、その取得費用を耐用年数に応じて費用計上する方法が減価償却です。決算の際には、その固定資産の価値がどれくらい減ったのかを見積もって費用計上するわけです。勘定科目=「減価償却費(費用)」となります。 ※土地については、使用によって価値が減少しないので減価償却の対象ではありません。
ビジネス

なぜ中古計測器、中古測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?2.「計測器・測定器って何?」

みなさん、こんにちは!Ekuipp(エクイップ)株式会社です。 今回より6回にわたるシリーズでお伝えする、「なぜ中古計測器・測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?」。第2回は「計測器・測定器って何?」です。
ビジネス

さまざまな楽器の”周波数”を測る! 楽器が奏でる”倍音”とは?

異なる楽器の音の違いはどのように測定できるのか。受音点での周波数の違いによる音圧レベルの変化を示す特性、伝送周波数特性に着目する。特定の周波数に対する”倍音”の影響について。
セミナー

【オンライン開催 第7回】製造業とスタートアップ

製造業 スタートアップ
セミナー

【オンライン開催 第6回】製造業とSDGs

製造業 SDGs
セミナー

【オンライン開催 第5回】中小製造業が活用すべき補助金・助成金とは

中小製造業の企業が活用すべき補助金・助成金について
計測器・工作機械・分析機器紹介

精密な隙間の計測には欠かせない シックネスゲージとは?

物体と物体の間に極わずかな隙間あり、その隙間を計測する場合に活躍するのがシックネスゲージと呼ばれるゲージです。 隙間を直接的に計測する方法としては、シリンダーゲージやキャリパーマイクロなどの計測機器も使用するとこがあります。 しかし、これらの機器が使用することのできない極わずかな隙間の計測などの場合に活躍するのが、今回ご紹介する「シックネスゲージ」です。 今回は、そんな現場での隙間計測の必需品である「シックネスゲージ」についてご紹介します。
ビジネス

なぜ中古計測器・測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?1.「起業のきっかけは?」

みなさん、こんにちは!Ekuipp(エクイップ)株式会社です。 今回より6回にわたるシリーズでお伝えする、「なぜ中古計測器・測定器のマーケットプレイス「Ekuipp」を始めたのか?」。第1回は「なぜ起業したの?」です
データシート

テクトロニクス「TPS2000Bシリーズ」オシロスコープ

このページでは、オシロスコープ「TPS2000Bシリーズ」についての仕様や機能等を記載しています。
ビジネス

野菜の鮮度を自動測定!ウォルマート社の取り組みとは?

食品廃棄を激減、食品ロス対策にも大幅貢献。米国ウォルマート社における新しい管理システムの導入によってなされた画期的な改革。社内エンジニアによる開発ツールで現場も消費者もメリット増。
計測器・工作機械・分析機器紹介

シリンダーゲージによる計測の基本と注意点

穴の径などを比較的簡単に計測できる計測機器であるシリンダーゲージ。 しかし簡単に計測できる反面、三点マイクロなどと比べると測定誤差が大きい計測器でもあります。 今回はシリンダーゲージによる計測の仕組みと、正確な計測の為のノウハウなどを一般的な穴の計測だけにとどまらず、応用的な計測方法を含めて詳しくご紹介していきます。
データシート

アンリツ「MS2722C~2726C」スペクトラムアナライザ

このページでは、スペクトラムアナライザ「MS2722C/MS2723C/MS2724C/MS2725C/MS2726C」について、主な特徴や機能、仕様等を紹介しています。
計測器・工作機械・分析機器紹介

計測機器管理の重要性とその手法について

前回、前々回と計測機器の校正について触れましたが、計測機器は校正だけを行っていれば良いというものでもありません。 アウトマイクロの校正の記事の最後で触れたように、計測機器はその状態の管理を体系的且つ、継続的に行っていく必要があります。 近年では、製品の寸法や計測データはその数値のみをもって評価されるのではなく、計測に使用した機器の健全性も製品の評価の一環として取り扱われることが多くなりました。 そうした観点からも計測機器を適切に管理し、最善の状態をキープすることは非常に重要と言えます。
ビジネス

計測機器の校正とは?

様々な検査や製造の場面で使用される計測機器ですが、どれだけ正確に測定をしたつもりでも計測機器そのものが狂ってしまっていたり、損傷してしまっていては正確な数値を把握することはできません。 言い換えれば、計測や測定とは計器の健全性は担保されていて初めて、正確なデータを得ることが出来ると言えます。 その為、様々な計器は「校正」と呼ばれる作業によって、その計器の健全性を確認しています。
計測器・工作機械・分析機器紹介

圧力試験法案の策定と方法 その2

前回は圧力試験法案の策定に関して、その注意点とその根拠についてお話しました。 今回は前回までの内容を踏まえて、実際に圧力試験法案を策定し圧力試験を行っていくまでの過程についてお話します。 圧力試験を行う上で、もっとも事故の発生が懸念される実務作業はもちろん、様々な準備段階でいかにして事故を防いでゆくのかなどについても、ご紹介できればと思います。
データシート

【マイクロニクス】ハンディ型スペクトラムアナライザ MSA300シリーズ データシート

MICRONIX ハンディ型スペクトラムアナライザー MSA300シリーズ…小型かつ軽量で超低価格にも関わらず、大型のベンチタイプに引けをとらない性能と機能をもった本格的なスペクトラムアナライザです。グッドデザイン賞受賞。
ビジネス

ストラディバリなどヴァイオリン名器の”音色”を測定するには?

ストラディバリなどオールドヴァイオリンが名器と言われる所以。特別なヴァイオリンの音はどこが違うのか、客観的測定はどのようにできるのか紹介。 その違いを、”測定”により客観的に証明した例があります。
計測器・工作機械・分析機器紹介

圧力試験法案の策定と方法 その1

圧力計を使用する場面というのは、少なからず何かしらの圧力が生じている状況です。きちんとした管理の下、適切な試験を行うことは正確なデータを得ることにつながるだけでなく、安全管理の面からも非常に重要です。実際に圧力計を使用する場面の一つである「圧力試験」の際の注意点や圧力試験の方法を規定する際の基準などについてご紹介していきます。
データシート

アドバンテスト「R3132/3132N/3162」スペクトラムアナライザ

このページでは、スペクトラムアナライザ「R3132/3132N/3162」(アドバンテスト)について、主な性能や特徴、詳細仕様について紹介しています。
計測器・工作機械・分析機器紹介

簡単なのに実は奥が深い?リトマス試験紙とは?

一般的に対象となるものが「酸性」なのか、はたまた「アルカリ性」なのかを把握する試験に用いられる、おそらく誰もが小学校の理科の実験で一度は使ったり、目にしたことのある、リトマス試験紙の仕組みや、正しい読みとり方法などについてご紹介していきます。
計測器・工作機械・分析機器紹介

圧力計の選定とその根拠

いくら高性能な計測機器をもってしてもその使い方や、基本原理を理解していなければ正確な数値の把握はできないと言っても過言ではありません。 間違った使い方は数値的な正確性に賭けるだけでなく、場合によっては生命の危機に直結するような大事故にもつながりかねません。計測機器や観察機器の正しい使用の方法や、それらの器機を使用して得ることのできる情報の読解などについて詳しくご紹介していきたいと思います。
ビジネス

世界中に無数にある工業規格、その役割と歴史について

日本で製造される多くの工業製品や日用品などには、いわゆるJISマークの記載のあるものが多く存在します。これはその製品がJISの定める規定によって製造されていることを示すためのもので、このJISマークを使用するためには非常に厳しい審査や工程の管理が求められています。計測機器の製造やメンテナンス方法にも深くかかわりのある様々な工業規格についてご紹介します。
データシート

Agilent N9340Bハンドヘルド・スペクトラム・ アナライザ データシート

現場でAgilent ハンドヘルドスペクトラム・アナライザの 優れた速度と性能を活用。フィールド・テストの信頼性を保証するN9340B。優れた感度すなわちクラス最小の DANL、最高速の掃引速度、高分解能を実現。
計測器・工作機械・分析機器紹介

登山者の必需品、高度計の仕組みとは?

最近は健康促進のために 休日に登山を楽しむ人も増えています。登山と言っても1000M級のお手軽なハイキングを兼ねたものから、3000M級の本格的な登山まで様々な登山がありますが、登山における最大の課題は地上に比べ酸素の濃度の薄い場所で起こる、体調の変化の総称である高山病の克服です。高山病を意識して予防することにも用いられる「高度計」についてご紹介します。
データシート

Keysight「PSAシリーズ」スペクトラムアナライザ

ここではKeysight「PSAシリーズ」スペクトラムアナライザについて、各種仕様の紹介をしています。
ビジネス

美術品は”現場で”測る!芸術遺産の修復保全に大活躍のFTIRとは?

美術品の修復保全に活用されているFTIRについて。ハンドヘルド型 FTIR 分光光度計の芸術分野での活用事例。
データシート

TEXIO テクシオ 多出力直流安定化電源 PW-A/PAR-Aシリーズ

TEXIO(テクシオ)【多出力直流安定化電源 PW-A/PAR-Aシリーズ】マイクロコンピュータを搭載したシステム拡張が可能なドロッパ方式CV/CC電源。低ノイズかつ高分解能な多出力直流安定化電源。
データシート

Keysight「ESAシリ-ズ」スペクトラムアナライザ

Keysight「ESAシリ-ズ」スペクトラムアナライザについて、各種仕様の紹介をしています。
データシート

アドバンテスト「R3265A/R3365A」スペクトラムアナライザ

アドバンテスト「R3265A/R3365A」スペクトラム・アナライザについて、主な性能や各種仕様について紹介しています。
計測器・工作機械・分析機器紹介

音で柔らかさを測定する「やわらかセンサー ソフトグラム」

硬さと柔らかさは「同一線上にある感覚」ですが、硬さを測定することは簡単で、柔らかさを測定することは困難です。 この柔らかさの測定という難題を解決したのが、新光電子株式会社の「やわらかセンサー ソフトグラム(SOFTGRAM)」です。 音と振動と変形とゆがみで、柔らかさを解析して数値化することに成功しました。 柔らかさを、感性の領域から数値の領域に移行させた功績は大きいといえるでしょう。
データシート

【GW Instek】多出力直流安定化電源 GPEシリーズ データシート 

GW Instek 多出力直流安定化電源 GPEシリーズ。2ch /3ch /4ch 各CHが独立していますので+(正極)電源としても-(負極)電源としても±電源としても使用できます。 トラッキング機能を使用すれば、CH1とCH2の出力端子を切替できます。
データシート

Agilent「8560ECシリーズ」スペクトラム・アナライザ

ここでは8560ECシリーズ・スペクトラム・アナライザの概要や仕様について紹介しています。
計測器・工作機械・分析機器紹介

ダイヤと量子で脳の磁気を測定して認知症を見つける

東京工業大学の研究室が、ダイヤモンドを測定装置にする研究をしています。そしてその測定装置を認知症の検査機器にしようとしています。「認知症、脳、磁気、ダイヤ、量子、センサー」の6つの要素にわけて解説します。 ダイヤ量子センサーのような、見えないものを測定したり、見えなくても測定できたりできるツールは、脳の測定に向いているのです。
データシート

GW Instek GPD-x303S 多出力直流安定化電源 データシート

GWINSTEK GPD-x303S 多出力直流安定化電源の概要及び仕様。3つのモデル型式有。デジタルロジック回路、+/-の必要な回路など、幅広く利用いただけます。また非常に便利な機能として、トラッキングモードを装備しております。
データシート

アンリツ「MF2400Cシリーズ」マイクロ波フリケンシカウンタ

アンリツのマイクロ波フリケンシカウンタ「MF2400Cシリーズ」の仕様です。主な機能や規格等を紹介しています。
データシート

Keysight Technologies U1730Cシリーズ ハンドヘルドLCRメータ

キーサイトのU1730Cシリーズ ハンドヘルドLCRメータ。最高100kHzの周波数でコンポーネントを測定可能です。。最新のモデルでより詳細なコンポーネント解析が迅速に行えます。オンサイトテストに最適な仕様で、基本的なLCR測定を迅速に実行できる、お求め安いLCRメータです。
計測器・工作機械・分析機器紹介

100年に一度の大雨!その雨量を測定する!雨量計とは?

毎日しとしとと降り続く雨。梅雨時期の憂鬱な天気予報から聞こえてくる「○○㎜の雨」。この○○㎜を測定しているのが雨量計です。実は非常に身近でありながら意外と知られていない雨量計の仕組みや、雨量についての表現方法など、身近な計測器「雨量計」についてご紹介していきます。
データシート

エレクトロニック・カウンタ「R5372/R5373」エーディーシー

ここではエレクトロニック・カウンタ「R5372/R5373」について主な機能や仕様について紹介しています。
データシート

イマダ【デジタルフォースゲージ】DSV/DSTシリーズ

イマダ DSV/DSTシリーズ はハンドユーズに最適なデジタルフォースゲージです。荷重データや合格管理を容易にする多彩な機能を備えていおり、1000Nまでの幅広い荷重測定に対応可能です。
データシート

テクトロニクス「MSO2000B・DPO2000Bシリーズ」オシロスコープ

オシロスコープ「MSO2000Bシリーズ」および「DPO2000Bシリーズ」について、主な機能や仕様について紹介しています。
データシート

テクトロニクス「TBS2000 Series」オシロスコープ

オシロスコープ「TBS2000 Series」について、主な機能や特徴、仕様の詳細などを説明しています。
計測器・工作機械・分析機器紹介

非破壊検査のエキスパート!?PT検査とは?

先日ご紹介したMT検査と並んで非破壊検査の手法として頻繁に用いられるPT検査。MT検査と同様に目に見えない傷や欠陥をあぶりだす、非常に優れた非破壊検査です。今回はそのPT検査の原理と使用する機材、また近年進化を遂げる新たな探傷試験についてもご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました